デンマーク自然史博物館

自然の展示と科学的な探求

デンマーク自然史博物館 デンマーク , コペンハーゲン
住所
Universitetsparken 15, 2100 København Ø, Denmark
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 DKK150.0 ~
英語名 Natural History Museum of Denmark
現地名 Statens Naturhistoriske Museum

公式サイトを開く
デンマーク自然史博物館につていの情報
デンマークのNatural History Museum of Denmark(デンマーク自然史博物館)は、デンマークの首都コペンハーゲンにある自然史の貴重なコレクションを展示する博物館です。この博物館は、自然界の驚異と多様性を探求する場として、学術研究や教育の中心となっています。 Natural History Museum of Denmarkは、18世紀後半に設立され、長い歴史を持つ博物館です。そのコレクションは、地球の生命の進化、地質学、動物学、植物学など、多岐にわたる自然科学の分野をカバーしています。 博物館の展示は、見学者に自然の驚異と美しさを紹介するために精心に設計されています。館内には、化石や骨格標本、昆虫の標本、動物の剥製など、さまざまな展示物があります。特に印象的なのは、巨大な恐竜の骨格や古代の生物の化石のコレクションです。これらの展示物は、地球の歴史と生命の進化に関する興味深い情報を提供しています。 また、博物館は一般の人々に科学の魅力を伝えるためのプログラムやイベントも開催しています。定期的に行われる講演会やワークショップでは、専門家による解説や実際の研究活動に参加する機会があります。これにより、来館者は科学的な知識や視点を深めることができます。 Natural History Museum of Denmarkの訪問者は、自然の不思議な世界に没頭し、地球の生命の歴史や多様性について学ぶことができます。博物館の魅力は、学術研究者だけでなく、一般の人々や家族にも広くアピールしています。 デンマーク自然史博物館は、自然科学に興味を持つ人々にとって貴重な資源です。博物館の展示やプログラムを通じて、私たちは自然の美しさと複雑さに触れることができ、地球の生命や生態系についての理解を 深めることができます。デンマークを訪れる際は、ぜひこの博物館を訪れてみてください。

キーワード:Statens Naturhistoriske Museum | Natural History Museum of Denmark

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

デンマークについて

デンマーク(Denmark)は、ユトランド半島(ユラン)という半島と、半島の東に位置する400以上の島々の諸島を占める国です。ユトランドは国土面積の3分の2以上を占め、北端にはリン湾によって本土から分かれたヴェンスィセル=ティ(4,685平方キロメートル)という島があります。国内最大の島はシーラント(7,031平方キロメートル)、ヴェンスィセル=ティ、フュン(2,984平方キロメートル)です。ノルウェーとスウェーデンとともに、デンマークはスカンディナビアとして知られる北ヨーロッパ地域の一部です。首都コペンハーゲン(København)は主にシーラントにあり、第二の大都市オーフスはユトランドの主要な都市です。

コペンハーゲンについて

コペンハーゲン(Copenhagen)は、デンマークの首都で最大の都市です。それは、シーラント(Sjælland)とアマゲル(Amager)の島に位置し、オーレスンド(Øresund)の南端にあります。 現在の都市の場所には、10世紀初頭までに小さな村が存在していました。

1167年には、ロスキレの司教アブサロンが海岸の小島に城を建て、市を壁と堀で囲みました。1445年にコペンハーゲンはデンマークの首都に指定され、王室の居住地となりました。プロテスタント改革の市民的および宗教的な紛争の中で、町はしばしば略奪されました。16世紀後半には、コペンハーゲンの貿易が繁栄し、市自体も拡大しました。新しく建てられた建物には、取引所である"Børsen"、ホルメンス教会、トリニタティス教会(隣接する有名なラウンド・タワーを含む)、そしてローゼンボーグ城(現在は王室の博物館)が含まれています。スウェーデンとの戦争(1658年-1660年)の間、コペンハーゲンは2年間にわたり包囲されました。1728年と1795年の火災で多くの家屋や建物が破壊され、1807年にはイギリスからの砲撃を受けました。1856年には城壁が撤去されました。それ以降、市はさらに拡大し、隣接する地区の多くを組み入れてきました。