ベリンツォナ

4 件の場所
4 件の場所

ベリンツォナ

ティチーノ州の州都、ベリンツォナ(Bellinzona)のシルエットは、ユネスコの世界遺産に登録されているベリンツォナの要塞によって支配されています。この要塞は3つの城、防御壁、そして谷全体を囲む塁壁で構成されており、ヨーロッパで唯一のこの種の中世の軍事建築の例です。

ベリンツォナは戦略的な位置にあり、アルプス山脈のサン・ゴットハルド、サン・ベルナルディーノ、ルコマーニョへのアルパインパスへ向かう途中で谷が狭くなる場所にあります。北からイタリアへ向かう旅行者にとってはイタリアへのゲートウェイであり、南から来る者にとってはアルプスへの入り口となります。

絵画のような風景や広場、中庭、新古典主義のイタリア風劇場、そして丁寧に修復された古い建物は、文化的にはロンバルディアの町であるベリンツォナの豊かな歴史を物語っています。細い路地は豪華に飾られた貴族の家や美しい教会で彩られています。しかし、中世の町の厳粛な魅力の裏には、現代の交流の場である活気ある生活が広がっています。数多くのブティック、カフェ、そして美食を提供する専門店が、滞在し、ウィンドウショッピングを楽しむように誘います。毎週土曜日には歴史的な市街中心で大規模な週間市場が開かれます。

市の戦略的重要性は古代ローマ時代にすでに認識されており、1世紀に「カストルム(軍事拠点)」が建設され、中世に入ると要塞として不可侵のものとなりました。場所のせいで、ベリンツォナはミラノ公爵とスイスの間で何度も争点となりました。1516年にようやくベリンツォナはスイス連邦の領土の一部となりました。

ベリンツォナの要塞はアルプスの中世の防衛建築の最も重要な例の一つであり、2000年以来、ユネスコの世界遺産に登録されています。3つの城からは市と周囲の山々、そしてマッジョーレ湖までの壮大な景色を望むことができます。

要塞はティチーノ州の州都の象徴であり、さまざまな活動が行われています。カステルグランデの小さな博物館では、ベリンツォナの城と市街地の歴史が展示されています。モンテベッロでは、「モンテベッロの考古学」展示が、ティチーノ州の遺跡の中から特にベリンツォナ地域と上流部の谷を焦点にして選ばれた出土品を展示しています。

カステルグランデとサッソ・コルバロでは、さまざまなテーマの臨時展示も定期的に行われています。

ベリンツォナは近隣の観光地であるロカルノとアスコーナ、モンテ・チェネリのパスを通って南ティチーノの主要都市ルガーノに向かったり、ロマンチックなティチーノの支谷に向かったり、北へはレヴェンティナのベドレット谷や陽光に恵まれたブレニオ谷への旅行に最適な場所に位置しています。
サッソ・コルバーロ城 ベリンツォナ

サッソ・コルバーロ城

ベルンツォーナ城の東側に位置する城で、ユネスコ世界遺産に登録されている。

 
¥12
カステッロ・ディ・モンテベッロ ベリンツォナ

カステッロ・ディ・モンテベッロ

ベルンツォーナ城の西側に位置する城で、ユネスコ世界遺産に登録されている。

 
¥12
ベリンツォーナ城 ベリンツォナ

ベリンツォーナ城

スイス・ティチーノ州の州都ベルンツォーナにある城で、ユネスコ世界遺産に登録されている。

 
¥12

ベリンツォナ

4 件の場所