クライストチャーチ

25 件の場所
25 件の場所

クライストチャーチ

クライストチャーチ(Christchurch)は、ニュージーランドの南島東部、カンタベリー地域評議会(Canterbury regional council)に位置する都市で、アヴォン川(Avon River)沿いに広がっています。この都市は、エドワード・ギボン・ウェイクフィールド(Edward Gibbon Wakefield)と彼のニュージーランド・カンパニーによってインスパイアされた、最後で最も成功した入植プロジェクトでした。

クライストチャーチは、1848年にジョン・ロバート・ゴドリー(John Robert Godley)の努力によって主に形成されたカンタベリー協会(Canterbury Association)によって設立され、モデルのイングランド国教会の入植地を設立する計画でした。最初の移民は1850年から1851年にかけて5隻の船で到着しました。彼らの入植地はカンタベリーとして知られ、ゴドリーが通っていたオックスフォードのクライスト・チャーチ・カレッジ(Christ Church, Oxford)にちなんで改名されました。1862年に市に指定され、1868年に自治体となり、1903年に拡張され、現在では南島で最も人口の多い都市であり、ニュージーランドでオークランドに次ぐ2番目に大きな都市です。

25 件の場所

クライストチャーチ

25 件の場所