モロッコ

35 件の場所
35 件の場所

モロッコ

モロッコは、スペインのジブラルタル海峡を挟んで直接対向する、西部北アフリカの山岳地帯に位置する国です。

モロッコはかつては自称「イマジゲン」(単数形は「アマジグ」)として知られる先住民族であるベルベル族の伝統的な領域であり、多くの移住の影響を受け、長い間、地域外からの人々によって最初に入植された都市コミュニティの場所でした。古代カルタゴに支配された後、この地域は後にローマ帝国の最西端の州となりました。7世紀のアラブ人による征服以降、北アフリカ全体の広い地域は「マグリブ(アラビア語で「西」の意味)」として知られ、その大部分の人々がイスラム教を受け入れました。その後のモロッコ王国は沿岸地域を超えた政治的な影響力を享受し、11世紀には北アフリカの最初の先住アマジグ王朝であるアルモラビド朝が、スペインのアンダルシア地方からサハラ以南の一部に至る帝国を支配しました。15世紀末からモロッコに永久的な拠点を築こうとするヨーロッパ諸国の試みはほとんど撃退されましたが、19世紀には大国間の政治の舞台となりました。モロッコは1912年にフランスの保護国となりましたが、1956年に独立を回復しました。今日、モロッコは北アフリカ唯一の君主国です。

バブマンスールゲート メクネス

バブマンスールゲート

モロッコの玄関口の中で最も壮大なもの

 
¥0
エディム広場 メクネス

エディム広場

モロッコのメクネスにある有名な広場

 
¥0
メクネスの厩舎 メクネス

メクネスの厩舎

かつて 12,000 頭の馬を収容できた 18 世紀初頭の複合施設の遺跡。

 
¥0
ムーレイイドリスゼルホーン メクネス

ムーレイイドリスゼルホーン

ムーレイ イドリスの白塗りの町は、山のゆりかごにある 2 つの緑の丘にまたがっており、国内で最も重要な巡礼地の 1 つです。

 
¥0
ブー・ジュルード門 フェズ

ブー・ジュルード門

かつてモロッコのフェズの旧市街への入り口であった三重アーチのムーア門。

 
¥0
35 件の場所

モロッコ

35 件の場所