ストラスブール

25 件の場所
25 件の場所

ストラスブール

ストラスブールはフランスの東部、アルザス地域圏に位置する美しい都市です。古くからヨーロッパの歴史や文化が交差する場所として重要な役割を果たしてきました。観光客にとって魅力的な要素がたくさんあります。

まず、ストラスブールの歴史的な背景についてご紹介します。この都市はローマ時代にまでさかのぼる歴史を持ち、その後はフランク王国や神聖ローマ帝国の支配を受けました。中世には商業の中心地として栄え、美しい中世の建築物や街並みが現在も残っています。特に、ストラスブール大聖堂はゴシック様式の傑作として有名で、その美しさは訪れる価値があります。

また、ストラスブールは欧州議会の本会議場があることでも知られています。欧州連合の象徴的な存在として、多くの政治家や訪問者が訪れる場所となっています。そのため、国際色豊かな雰囲気を感じることができます。

ストラスブールの観光名所としては、ラ・プティット・フランスが挙げられます。これは中世の街並みがそのまま残る美しい地区で、運河や風景が素晴らしく、ロマンティックな雰囲気が漂います。また、ペトリス山からの眺望も素晴らしく、市内を一望できる絶好のスポットです。

食文化もストラスブールの見どころの一つです。アルザス地方の料理はフランスとドイツの影響を受けており、美味しい料理がたくさんあります。特に、フラムクシュー(タルトフランベ)やシュークルート(ザワークラウト)は地元の味を楽しむのにぴったりです。また、地元のワインやビールも試してみる価値があります。

さらに、ストラスブールは美しい公園や庭園も多く、散策を楽しむことができます。オルザン公園やコンタディーヌ庭園など、自然に囲まれた静かな場所もあります。

ストラスブールは歴史的な建造物、文化的な要素、そして美しい自然が調和した魅力的な都市です。訪れる人々にはヨーロッパの魅力を存分に味わっていただけることでしょう。

European Institutions Information Centre ストラスブール

European Institutions Information Centre

欧州連合の機関に関する情報を紹介するセンター。欧州議会、欧州委員会、欧州理事会などの機関の紹介や、展示会、講演会などが行われています。

 
¥0
オランジュリ公園 ストラスブール

オランジュリ公園

18世紀に建てられた公園。オレンジの木が植えられていることから、この名前が付けられました。

 
¥0
メゾン・カメルツェル ストラスブール

メゾン・カメルツェル

15世紀に建てられた木造の家。ストラスブールの旧市街に残る貴重な建物のひとつです。

 
¥0
Église protestante Saint-Pierre le Vieux // Nootoos ストラスブール

Église protestante Saint-Pierre le Vieux // Nootoos

11世紀に建てられたプロテスタント教会。ストラスブール最古の教会のひとつです。

 
¥0
カテドラル広場 ストラスブール

カテドラル広場

ストラスブールの中心部にある広場。大聖堂や市庁舎、旧市街の建物が立ち並びます。

 
¥0
ルーブル・ノートルダム美術館 ストラスブール

ルーブル・ノートルダム美術館

13世紀に建てられた教会。教会の内部には、ゴシック彫刻やステンドグラスなど、貴重な芸術作品が展示されています。

 
¥10
シタデル公園 ストラスブール

シタデル公園

19世紀に建てられた城の跡地にある公園。広大な敷地に、緑地や池、花壇が広がっています。

 
¥0
ストラスブールの大モスク ストラスブール

ストラスブールの大モスク

1988年に建てられたモスク。ストラスブール最大のモスクです。

 
¥0
Château Musée Vodou ストラスブール

Château Musée Vodou

18世紀に建てられた城。現在はヴードゥー博物館として使用されています。

 
¥0
ストラスブール近代・現代美術館 ストラスブール

ストラスブール近代・現代美術館

20世紀に建てられた美術館。現代美術とコンテンポラリーアートのコレクションを展示しています。

 
¥10
ライン宮殿 ストラスブール

ライン宮殿

19世紀に建てられた宮殿。現在は欧州議会の議事堂として使用されています。

 
¥0
25 件の場所

ストラスブール

25 件の場所