ラウンドタワー

美しい展望台からのパノラマ風景

ラウンドタワー デンマーク , コペンハーゲン
住所
Købmagergade 52A, 1150 København K, Denmark
電話
滞在時間 30分
費用の目安 DKK50.0 ~
英語名 The Round Tower
現地名 Rundetårn

公式サイトを開く
ラウンドタワーにつていの情報

The Round Tower(デンマーク語: Rundetårn)は、デンマークの首都コペンハーゲンにある歴史的な建造物であり、観光名所として知られています。この円形の塔は、17世紀に建設され、デンマークのルネサンス建築の傑作として高く評価されています。 The Round Towerは、クリスチャン4世の命令により、科学的観測と天文学の研究のために建設されました。建設は1637年に始まり、1642年に完成しました。塔の高さは約36メートルで、内部にはらせん状の坂道があり、徒歩または馬車で上り下りすることができます。この坂道は、当時の人々が馬車で上がることができるように設計されたと言われています。 The Round Towerの内部には、さまざまな施設があります。一つは天文台で、かつては天文学者や学生が天体観測を行っていました。また、展示スペースや美術ギャラリーもあり、さまざまな展示やイベントが開催されています。

塔の最上部には展望台があり、コペンハーゲン市内の美しい景色を一望することができます。特に、塔の展望台から見るコペンハーゲンの旧市街や隣接する建物の風景は壮観であり、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。 また、The Round Towerの内部にはデンマークの有名な天文学者であるティコ・ブラーエの墓所もあります。彼は16世紀に活躍した天文学者であり、デンマークの天文学の発展に大きく貢献しました。 The Round Towerは、その独特の建築様式や歴史的な価値、素晴らしい展望台などから、コペンハーゲンを訪れる観光客にとって魅力的な場所です。訪れる際には、塔の内部や展望台からの景色を楽しむだけでなく、歴史や文化に触れる貴重な機会となることでしょう。

キーワード:Rundetårn | The Round Tower

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

デンマークについて

デンマーク(Denmark)は、ユトランド半島(ユラン)という半島と、半島の東に位置する400以上の島々の諸島を占める国です。ユトランドは国土面積の3分の2以上を占め、北端にはリン湾によって本土から分かれたヴェンスィセル=ティ(4,685平方キロメートル)という島があります。国内最大の島はシーラント(7,031平方キロメートル)、ヴェンスィセル=ティ、フュン(2,984平方キロメートル)です。ノルウェーとスウェーデンとともに、デンマークはスカンディナビアとして知られる北ヨーロッパ地域の一部です。首都コペンハーゲン(København)は主にシーラントにあり、第二の大都市オーフスはユトランドの主要な都市です。

コペンハーゲンについて

コペンハーゲン(Copenhagen)は、デンマークの首都で最大の都市です。それは、シーラント(Sjælland)とアマゲル(Amager)の島に位置し、オーレスンド(Øresund)の南端にあります。 現在の都市の場所には、10世紀初頭までに小さな村が存在していました。

1167年には、ロスキレの司教アブサロンが海岸の小島に城を建て、市を壁と堀で囲みました。1445年にコペンハーゲンはデンマークの首都に指定され、王室の居住地となりました。プロテスタント改革の市民的および宗教的な紛争の中で、町はしばしば略奪されました。16世紀後半には、コペンハーゲンの貿易が繁栄し、市自体も拡大しました。新しく建てられた建物には、取引所である"Børsen"、ホルメンス教会、トリニタティス教会(隣接する有名なラウンド・タワーを含む)、そしてローゼンボーグ城(現在は王室の博物館)が含まれています。スウェーデンとの戦争(1658年-1660年)の間、コペンハーゲンは2年間にわたり包囲されました。1728年と1795年の火災で多くの家屋や建物が破壊され、1807年にはイギリスからの砲撃を受けました。1856年には城壁が撤去されました。それ以降、市はさらに拡大し、隣接する地区の多くを組み入れてきました。