リトルマーメイド像

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの物語のモニュメント

リトルマーメイド像 デンマーク , コペンハーゲン
住所
Langelinie, 2100 København Ø, Denmark
電話
滞在時間 30分
費用の目安 DKK0.0 ~
英語名 The Little Mermaid
現地名 Den Lille Havfrue

リトルマーメイド像につていの情報

デンマークのThe Little Mermaid(リトル・マーメイド)は、コペンハーゲンの象徴的な観光名所であり、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの童話「人魚姫」に登場するキャラクターにインスパイアされて作られました。 The Little Mermaidは、1913年にデンマークの彫刻家エドヴァルド・エリクセンによって制作されました。彫刻は、リトル・マーメイドが岩の上に座り、遠くを見つめている姿を描いています。静かで儚げな表情と流れるような髪の毛、そして美しい鱗のディテールが特徴的です。

彫刻の高さは約1.25メートルで、シンプルながらも力強い印象を与えます。 The Little Mermaidはコペンハーゲン港の岩礁に設置されており、海から陸地に向かって広がるクリスチャンスボー城を背景にしています。この美しい景観は、訪れる人々に絶好の写真スポットを提供しています。 ただし、The Little Mermaidは年月を経て多くの冒険や事件に巻き込まれてきました。時折、泥棒によって切断されたり、爆破されたりするなどの被害に遭いましたが、毎回修復されて元の場所に戻されました。これらの出来事は、デンマーク人の愛着と固執心を示す象徴となっています。 The Little Mermaidは世界中から観光客を魅了しており、年間数十万人の人々が訪れています。

彫刻自体は比較的小さく控えめな存在ですが、その存在感や童話に込められた物語性が多くの人々の心を捉えています。 なお、The Little Mermaidはコペンハーゲンの中心部からは少し離れた場所にありますが、バスや自転車でアクセスすることができます。訪れる際には、彫刻の周りの広場や海岸沿いの散策も楽しんでみてください。 The Little Mermaidはデンマークの文化遺産として、そしてアンデルセンの物語の象徴として大切にされています。その美しい姿と物語性は、訪れる人々に感動と魔法のような体 験をもたらします。

キーワード:Den Lille Havfrue | The Little Mermaid

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

デンマークについて

デンマーク(Denmark)は、ユトランド半島(ユラン)という半島と、半島の東に位置する400以上の島々の諸島を占める国です。ユトランドは国土面積の3分の2以上を占め、北端にはリン湾によって本土から分かれたヴェンスィセル=ティ(4,685平方キロメートル)という島があります。国内最大の島はシーラント(7,031平方キロメートル)、ヴェンスィセル=ティ、フュン(2,984平方キロメートル)です。ノルウェーとスウェーデンとともに、デンマークはスカンディナビアとして知られる北ヨーロッパ地域の一部です。首都コペンハーゲン(København)は主にシーラントにあり、第二の大都市オーフスはユトランドの主要な都市です。

コペンハーゲンについて

コペンハーゲン(Copenhagen)は、デンマークの首都で最大の都市です。それは、シーラント(Sjælland)とアマゲル(Amager)の島に位置し、オーレスンド(Øresund)の南端にあります。 現在の都市の場所には、10世紀初頭までに小さな村が存在していました。

1167年には、ロスキレの司教アブサロンが海岸の小島に城を建て、市を壁と堀で囲みました。1445年にコペンハーゲンはデンマークの首都に指定され、王室の居住地となりました。プロテスタント改革の市民的および宗教的な紛争の中で、町はしばしば略奪されました。16世紀後半には、コペンハーゲンの貿易が繁栄し、市自体も拡大しました。新しく建てられた建物には、取引所である"Børsen"、ホルメンス教会、トリニタティス教会(隣接する有名なラウンド・タワーを含む)、そしてローゼンボーグ城(現在は王室の博物館)が含まれています。スウェーデンとの戦争(1658年-1660年)の間、コペンハーゲンは2年間にわたり包囲されました。1728年と1795年の火災で多くの家屋や建物が破壊され、1807年にはイギリスからの砲撃を受けました。1856年には城壁が撤去されました。それ以降、市はさらに拡大し、隣接する地区の多くを組み入れてきました。