ベン・ユーセフ・マドラサ(神学校)

マラケシュとモロッコで最大かつ最も重要なイスラム学校でした

ベン・ユーセフ・マドラサ(神学校) モロッコ , マラケシュ
住所
Rue Assouel, Marrakech 40000, Morocco
電話
滞在時間 1時間
費用の目安 MAD100.0 ~
英語名 Medersa Ben Youssef
現地名 مدرسة إبن يوسف

ベン・ユーセフ・マドラサ(神学校)につていの情報
ベン・ユーセフ・マドラサを訪れるマラケシュへの旅行は必見です。14 世紀に設立されたコーラン カレッジは、この都市で最も美しい名所の 1 つです。繊細なスタッコ仕上げとモザイクが施されたマドラサは、イスラム建築の芸術の見事な見本です。 クルアーン カレッジは、14 世紀の初めにモロッコの君主アブ エル ハッサンによって設立されたとされています。しかし、1570 年に建物を拡張し、見事に改装したサーディアンの治世によってのみ、マドラサはマグレブ全体で最大のイスラム カレッジとして栄えました。領域。法律と神学を学ぶために、最大 900 人の学生がそこに住んでいたと言われています。君主制は、食事と宿泊施設を提供することで彼らを支援しましたが、調理は学生自身が行う必要がありました. ベン ユーセフ マドラサは 1960 年に博物館になり、1999 年に改装されて以来、マラケシュで最も人気のある観光スポットの 1 つです。大学の入り口にある青銅の門だけでも、細かい杉の木彫りとモザイクで飾られており、当時の印象的な傑作です。 通路を通って、中央に芸術的に装飾された水盤を備えた大理石で作られた大きなパティオのあるインテリアに到達します。中庭全体が美しいモザイクで覆われ、その壁と柱は見事な彫刻とスタッコで装飾されています。この東洋建築の傑作の素晴らしい眺めを 2 階からお楽しみください。2 階には、小さな中庭と大きなパティオの周りに大学の学生の部屋が配置されています。 パティオの隣には、3 つの大理石の柱が特徴の礼拝室があります。見上げると印象的なドームが見えます。24 個の小さなモザイク窓があり、杉の木で巧みに作られています。

キーワード:مدرسة إبن يوسف | Medersa Ben Youssef

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

モロッコについて

モロッコは、スペインのジブラルタル海峡を挟んで直接対向する、西部北アフリカの山岳地帯に位置する国です。

モロッコはかつては自称「イマジゲン」(単数形は「アマジグ」)として知られる先住民族であるベルベル族の伝統的な領域であり、多くの移住の影響を受け、長い間、地域外からの人々によって最初に入植された都市コミュニティの場所でした。古代カルタゴに支配された後、この地域は後にローマ帝国の最西端の州となりました。7世紀のアラブ人による征服以降、北アフリカ全体の広い地域は「マグリブ(アラビア語で「西」の意味)」として知られ、その大部分の人々がイスラム教を受け入れました。その後のモロッコ王国は沿岸地域を超えた政治的な影響力を享受し、11世紀には北アフリカの最初の先住アマジグ王朝であるアルモラビド朝が、スペインのアンダルシア地方からサハラ以南の一部に至る帝国を支配しました。15世紀末からモロッコに永久的な拠点を築こうとするヨーロッパ諸国の試みはほとんど撃退されましたが、19世紀には大国間の政治の舞台となりました。モロッコは1912年にフランスの保護国となりましたが、1956年に独立を回復しました。今日、モロッコは北アフリカ唯一の君主国です。

マラケシュについて

モロッコ中央部の首都、マラケシュ(Marrakech)。モロッコの四つの帝国都市の最初で、テンスフィト川の南、肥沃な灌漑地帯であるハウズ平原の中心に位置しています。市の古代部分であるメディナは、1985年にユネスコの世界遺産に指定されました。

マラケシュは、かつての首都であった王国にその名前を付けました。この都市は11世紀半ばにアルモラビド朝の王朝出身であるユースフ・イブン・タシュフィーンによって創建され、1147年にアルモハド朝によって陥落するまで、アルモラビド朝の首都として機能しました。1269年にはマラケシュはマリニッド朝の支配下に入り、彼らの首都は北部のフェズにありました。16世紀にサアディ朝の首都として栄えましたが、その後のアラウィト朝の支配者はより頻繁にフェズやメクネスに滞在しました。ただし、アラウィト朝はマラケシュを軍事拠点として使用し続けました。1912年には、宗教指導者アハマド・アル=ヒーバによってマラケシュが占拠され、彼は大佐チャールズM.E.マンジン指揮するフランス軍によって追放されました。フランスの保護領(1912年–56年)の下で、マラケシュは長らくグラウイ家によって管理され、その最後の者、タミ・アル・グラウイは1953年にムハンマド5世を廃位に導いた主要な黒幕でした。