アムステルダムの歓楽街(飾り窓地区)について知っておくべきコト

アムステルダムの歓楽街(飾り窓地区)について知っておくべきコト

アムステルダムの歓楽街(Red Light District)には売春からエロティックショップ、博物館までが揃っています。しかし、多くの人が考えるように、アムステルダムの歓楽街は非常に友好的な雰囲気であり、以前ほど危険ではありません。

アムステルダムには3つの異なる歓楽街がありますが、最も有名で魅力的なのは市内中心部にあるものです。

歓楽街の安全性

一般的な考えとは異なり、RLDは実際にはアムステルダムの安全なエリアで、警察の集団や女性自身が雇った私設ボディーガードが常に勤務しています。

アムステルダムの歓楽街へ行くのはいつが良いでしょうか?
好奇心が勝ってしまうなら、夜に訪れることをお勧めします。夜になると街が本当に活気づきます。昼間は賑やかさも少なく、自然光の下でより卑猥な面が見えてきます。ライトアップされた窓には昼夜問わず女性がいるものの、本格的な活動は午後11時頃から始まります。その時になると、歓楽街は人で溢れ、赤いネオンライトが暗い運河を照らし出します。夜の雰囲気は2時または3時頃まで続き、それから人々は落ち着き、店も閉まっていきます。

アムステルダムの歓楽街の見どころ

歓楽街はアムステルダム市の歴史的中心に位置しているため、多くの興味深い観光名所や建築の驚異に近いです。

例えば:

  • マダム・タッソーのワックスフィギュア
  • ボディ・ワールズ展
  • レンブラントハウス
  • アムステルダム博物館
  • ある教会の中の私たちの主
  • オウデ・ケルク(古い教会)
  • アムステルダム・ダンジョン
  • 拷問博物館
  • マリファナ博物館

アムステルダムを訪れる際は、"City Pass"を利用すると便利でお得です。1枚のカードで他のチケットなしで多くの観光名所に行くことができます。アムステルダムの市内パスや割引カードの比較をしてみてください。

2023年の公共マリファナ喫煙禁止

この禁止は2023年5月からダム広場、歓楽街、ダムラク、ニューウェンマルクトの公共エリアで有効となります。喫茶店のテラスなどで野外でマリファナを吸うことはまだ可能です。しかし、通りで自由に吸っているのが見つかった場合、100ユーロの罰金が科されます。この法律は観光地域の混乱を鎮めようとしています。

歓楽街での行動

窓の裏側の女性を写真やビデオに撮ることは厳しく禁じられています。リマインダーとして、各窓にサインが貼られています。写真を撮ろうとする際は注意が必要です。女性たちが非常に攻撃的になることがあります。同じルールはストリップクラブ、ピープショー、またはセックス劇場に行く場合も適用されます。ベストなのは携帯電話やカメラをポケットにしまっておくことです。そうしないと用心深くなった保安員によって追放される可能性があります。

歓楽街の宿泊施設

歓楽街の宿泊施設オプションを比較するには、よく知られている予約検索サイトの「Booking.com」を使用すると便利です。彼らはこのサービスの最大の提供者であり、良い取引を提供しており、すべての宿泊タイプをリストアップしています。ホテル、ホステル、アパートメント、ハウスボートまで、予算から高級まで。彼らのリストは歓楽街宿泊取引のウェブページで見ることができます。

歓楽街の売春

アムステルダムはその自由で寛容な態度を誇りに思っています。売春、軽いドラッグ、ポルノに興味を持つ人々を受け入れ、それが人間だと認識しています。だから、すべてを犯罪化するのではなく、それらの誠実さを楽しんでいます。

売春はオランダで合法ですが、街頭では許可されていません。そのため、アムステルダムの売春婦は窓の後ろに立ち、自分の部屋を持っています。"Red Light District"という名前は、女性が働いている300の窓を強調する赤いネオンライトに由来します。

歓楽街の売春婦の健康

政府はすべての売春婦が医療ケアにアクセスでき、より良い環境で働けるように規制し監視しています。売春情報センターのおかげで、地区内でも支援が受けられます。

歓楽街のクラブとパブ

アムステルダムの歓楽街は売春とコーヒーショップだけでなく、多様なセックスショップ、ピープショー、ストリップクラブ、セックス劇場、そして典型的なオランダのブラウンカフェもあります。さらに、売春博物館、エロティック博物館、マリファナ博物館などの文化的な活動もあります。

アムステルダム風にウィンドウショッピングを楽しむか、実際に何かを購入したい場合、おそらくあなたの欲望に応える場所や窓がいくつかあります。敏感な方には、多くのライブセックスショーがあり、その中でも特に有名なのがカーサ・ロッソ(OZ Achterburgwal)や悪名高いムーラン・ルージュ(Oudezijds Achterburgwal 5-7)で行われるショーです。興味本位の方には、ビデオブース付きのピープショーもたくさんあります。もちろん、より冒険心のある方にはよりインタラクティブなショーもあります。例えば、アムステルダム・バナナ・バー(Oudezijds Achterburgwal 37)などで行われるものです。これらの場所で何が行われているかは、望むかぎり、あなた自身で探ってみる必要があります。商品には、ビデオ、雑誌、性具、おもちゃなど、多様なものがあります。歓楽街はまた、ウォーモーストラート(Warmoesstraat)に多くのゲイバーと映画館があります。歓楽街の路地裏があなたに合わない場合は、より伝統的な形式の売春を提供する数多くの売春宿やプライベートハウスもあります。

注意点(やって良いコト&悪いコト)

アムステルダムの歓楽街であるレッドライトディストリクトでの過ごし方と注意点について紹介します。

まず注意点として、レッドライトディストリクトでは、職業的な女性たちが窓越しに姿を見せている光景を撮影することは厳禁です。この行為は絶対に禁止されており、試みると速やかに取り締まられます(警告しましたが、非常に厳しい措置を受ける可能性があります)。レッドライトディストリクトの雰囲気を楽しむために、写真の撮影は避けましょう。代わりに、ディストリクト内の雰囲気を捉えた写真を無料でダウンロードできるオプションもあります。著作権に留意してください。

また、人混みが非常に多いエリアであるため、スリに注意しましょう。不審な人物に狙われることを避けるためにも、できるだけグループや二人以上で行動することを心がけましょう。

さらに、ドラッグディーラーや自転車の売り手からの購入は避けましょう。これらの行為は違法であり、法に触れることになります。

レッドライトディストリクトはアムステルダムの夜のエンターテインメントの中心地であり、実際には安全で管理されている地域です。そのため、近くで滞在することを希望する観光客に人気があります。もし静かな場所を求める場合は、徒歩圏内に多くのホテルがあります。

コーヒーショップ

レッドライトディストリクトにはアムステルダムのほとんどのコーヒーショップが集まっています。コーヒーショップはカンナビスの広告が禁止されていますが、多くの店舗にはカンナビスの葉やジャマイカの旗が入口に描かれています。アムステルダムのコーヒーショップの歴史や最もおすすめの場所を知るために、ディストリクト内のコーヒーショップを訪れてみてください。

エンターテイメント

レッドライトディストリクトには、赤い窓の中の女性だけでなく、セックスクラブやコーヒーショップだけでなく、エキセントリックな店舗や様々な国の料理を楽しめるレストランなどもあります。カフェやジャズライブ、サルサ、ディナーシアターなども楽しめます。

Red Light Districtの歴史

レッドライトディストリクトはアムステルダム最古の地区に位置しており、伝統的なオランダの美しい建築が特徴です。美しい建物が立ち並ぶこの地域を散策することは、誰もが楽しむべきことです。レッドライトディストリクトは14世紀から存在しており、当時は港からも近かったため、多くの移民が暮らしていて、売春が始まったと言われています。当時の船乗りたちは、この地域に来て酒場や蒸留所で飲み、女性たちと楽しむために訪れていました。オランダ語でレッドライトディストリクトは「デ・ワレン(the walls)」と呼ばれています。なぜなら、この地域と古い港に隣接するいくつかの運河がかつては壁で囲まれていたからです。もう一つの説明としては、「ウォール」という言葉が「有料の性交」を意味する隠語であったことからきていると言われています。

Red Light Districtの建築

レッドライトディストリクトの建築は、実際にはアムステルダムでも最も古く、美しい部分の一つです。細く曲がりくねった舗装された道路や、14世紀のゴシック建築、例えばオルデ・ケルク(旧教会)など、魅力的な建物が数多くあります。アムステルダムのレッドライトディストリクトは魅力に溢れており、不思議な角度で傾いた古い建物や、木々に覆われた運河を見るだけでも楽しいものです。

夏のシーズンは特に、音楽があなたをさらに長く留まらせるでしょう。さらに、新しいクラスのレストランや、ヨーロッパで最初のメキシコ料理レストランの一つであるカフェ・パシフィコなど、素晴らしい本格的なレストランが増えています。近年では再舗装された道路、修復されたファサード、より洗練された客層など、かつては暗くて不快な場所だったレッドライトディストリクトが変わりつつあります。

アムステルダムの歓楽街への公共交通機関

アムステルダムの歓楽街はアムステルダムの旧市街の中心部にあります。

なので、観光地から徒歩で移動することは問題ありません。

アムステルダムの歓楽街は、周囲の人に尋ねる際に「Rosse Burt」とも呼ばれます。

もし遠くから来る場合は、次の交通手段を利用できます:

  • トラムの4番または14番に乗ってトラム停留所「Dam」で降りる
  • トラムの2番、12番、13番、17番、26番に乗ってトラム停留所「Centraal Station」で降りる