ファイブ ウェルズ スクエア

防護壁の中の歴史ある井戸

ファイブ ウェルズ スクエア クロアチア , ザダル
住所
Trg pet bunara 1, 23000, Zadar
電話
滞在時間 30分
費用の目安 HRK0.0 ~
英語名 The Five Wells Square
現地名 Trg Pet Bunara

ファイブ ウェルズ スクエアにつていの情報

ザダルのルネッサンス様式のファイブ ウェルズ スクエアは、西側の中世の壁と 26 メートルの高さのキャプテン タワーに囲まれ、東側はクイーン ジェレナ マディジェ パークへの入り口がある支持壁に囲まれています。ここで写真を撮らなければ、ザダルに行ったことにはなりません。

■見どころ

1574 年にオスマン帝国軍の包囲中に建設されました。防御用の堀は、中世に発掘された要塞の西側に隠されていました。その代わりに、装飾された 5 つの井戸頭を備えた飲料水用の大きな水槽が建設され、ヴラナ湖から直接水を引いていた水道の一部が保存されています。危険が去った後、敷地内に防護壁が建設されました。 井戸はもう使用されていませんが、広場はコンサートやイベントの人気の場所になっていますが、ザダルで長いロマンチックな散歩を始めるのに最適な場所の 1 つでもあります。

キーワード:Trg Pet Bunara | The Five Wells Square

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

ザダルについて

ザダル(Zadar)は、クロアチア南西部に位置する美しい歴史的な町で、かつてダルマティアの首都でした。ザダルは、ウグリャン島とパシュマン島からザダル海峡で分かれた低地の半島の先にあります。この半島と本土の間の入り江は、自然の深水港を形成しています。

半島にある旧市街は紀元前9世紀に遡り、当時はヤデラと呼ばれるリブルニア人の集落でした。この町は紀元前1世紀にはローマの支配を受けました。ダルマティアへのアヴァール人とスラヴ人の侵略を免れ(紀元後5〜6世紀頃)、ビザンツのダルマティアにおける商業、文化、芸術の中心地として栄えました。1045年から1358年まで、この町は断続的にヴェネツィアと戦争状態にあり、1409年にヴェネツィアに売却されました。この時点から町はヴェネツィアから内外から圧迫されました。1571年にはトルコの攻撃に耐え抜き、その後、19世紀末に一部が破壊されるまで、ザダルはアドリア海で最も防御が固い町となりました。

クロアチアについて

クロアチアは、美しい海岸線、古代遺跡、豊かな自然環境など、多様な観光資源を持つ魅力的な国です。

まず、クロアチアの観光の中心地として知られるのはドブロブニクです。ドブロブニクはアドリア海に面した美しい城壁都市で、中世の雰囲気が色濃く残っています。歩いて城壁を巡りながら、歴史的な建物や美しい景色を楽しむことができます。また、ドブロブニクでは映画「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影地としても知られており、ファンにとっては特別な魅力があります。

次に、クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園も見逃せない観光スポットです。この国立公園は、美しい湖と滝からなる自然の楽園で、クリスタルクリアな水と豊かな植物が魅力です。散策やハイキングをしながら、美しい自然環境を堪能することができます。

クロアチアにはさまざまな歴史的な遺跡も点在しています。特に、プーラにあるローマ時代の建築物「プーラのアレーナ」は、ローマ時代の円形闘技場として知られており、迫力ある建築と歴史を感じることができます。また、スプリトのディオクレティアヌス宮殿やザグレブの上町など、クロアチア各地には歴史的な建造物や街並みがあります。

クロアチアの海岸線も見逃せない観光地です。特に、イストリア半島やダルマチア地方の海岸は、美しいビーチや青い海が広がり、リゾート地として人気を集めています。ドブロブニクやスプリトなどの沿岸都市では、歴史的な街並みと美しい海を同時に楽しむことができます。

クロアチアの食文化も魅力的で、地中海料理や伝統的なクロアチア料理を味わうことができます。また、ワインやオリーブオイルなどの地元の特産品も楽しめます。

さらに、クロアチアは自然環境にも恵まれており、国立公園や自然保護区が多く存在します。クルカ国立公園やモノナ島、パクレニカ国立公園など、美しい自然景観を楽しむことができる場所もあります。

ルネッサンスについて

海外のルネッサンス様式建築について説明します。ルネッサンス様式建築は15世紀から17世紀にかけてヨーロッパで発展した建築様式で、古代ローマや古代ギリシャの建築に着想を得ていました。

1. 背景と歴史:
- ルネッサンス様式建築は、中世ヨーロッパのゴシック様式から脱却し、古代ローマや古代ギリシャの古典的な建築を復活させる動きの一部として生まれました。ルネッサンス期(14世紀から17世紀)は文芸復興の時期で、芸術、文化、科学が隆盛しました。

2. 特徴:
- 古代ローマの建築からの影響: ルネッサンス建築は、古代ローマの建築様式から多くの影響を受けました。特に、円形のアーチ、ドーリア式、イオニア式、コリント式の列柱、ドームなどが取り入れられました。
- 対称性と調和: ルネッサンス建築は対称性と調和を重視し、建物や庭園のデザインにおいてバランスが取られました。対称的なファサードやプロポーションが特徴です。
- アーチとドーム: ルネッサンス建築では、半円形のアーチや大規模なドームが多用され、建築構造に優れた技術が応用されました。
- フレスコ画と装飾: 建物内部には豪華なフレスコ画や装飾が施され、壁や天井が美しい彩りで飾られました。

3. 代表的な建築物:
- イタリア: フィレンツェ大聖堂、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、ヴィッラ・ロトンダ
- フランス: ルーヴル宮殿(一部)、シャンティイ城、フォンテーヌブロー宮殿
- スペイン: アルハンブラ宮殿、エル・エスコリアル修道院
- イングランド: セント・ポール大聖堂、ハンプトン・コート宮殿

4. 影響:
- ルネッサンス様式建築は、ヨーロッパ各地に広まり、その後の建築様式にも影響を与えました。バロックや新古典主義などの様式に発展しました。

ルネッサンス様式建築は、美学と技術の融合を追求し、古代の古典的な美しさを再現しました。その優美なデザインと対称性は、今日でも多くの建物や都市のデザインに影響を与え続けています。