スリランカ・プラネタリウム

スリランカで唯一のプラネタリウム

スリランカ・プラネタリウム スリランカ , コロンボ
住所
Prof Stanley Wijesundera Mawatha, Colombo 00700 スリランカ
電話
滞在時間 30分
費用の目安 LKR500.0 ~
英語名 Sri Lanka Planetarium
現地名 Sri Lanka Planetarium

公式サイトを開く
スリランカ・プラネタリウムにつていの情報
スリランカのコロンボにあるSri Lanka Planetarium(スリランカプラネタリウム)は、宇宙と天文学に関する知識や魅力的な体験を提供する施設です。以下では、その特徴、展示物、プログラムについて詳しく説明します。Sri Lanka Planetariumは、現代的な建物と先進的な設備を備えた施設で、天文学の教育と啓発を目的としています。ここでは、プラネタリウムシアターを中心にさまざまな展示やプログラムが提供されています。プラネタリウムシアターは、ドーム状の天井とプロジェクターを使用して、リアルな宇宙の映像やシミュレーションを上映します。訪れる人々は、座席に座りながら、美しい星空や銀河系の探索、宇宙旅行の体験を楽しむことができます。プラネタリウムのプログラムは定期的に変更されるため、訪れる度に新たな発見や学びを得ることができます。プラネタリウム以外にも、Sri Lanka Planetariumにはさまざまな展示物や情報パネルがあります。天文学の基礎知識や宇宙の神秘について学ぶことができる展示やモデルが展示されています。また、宇宙探査や天体観測に関する最新の研究や成果も紹介されており、科学的な興味を刺激する場所となっています。さらに、Sri Lanka Planetariumではさまざまなプログラムやイベントも開催されます。天文学者や科学者による講演会やワークショップ、天体観測会などが行われ、興味深いトピックについて学び、交流する機会が提供されます。特に子供や学生向けの教育プログラムも充実しており、宇宙に関する知識や探求心を育むことができます。Sri Lanka Planetariumは、天文学や宇宙に興味を持つ人々にとって魅力的な場所です。また、家族や学校のグループ、観光客にとっても興味深い体験ができるスポットです。プラネタリウムの映像や展示物を通じて、宇宙の神秘や壮大さを感じ、科学の世界に触れることができます。Sri Lanka Planetariumはコロンボ市内に位置しており、交通の便も良好です。訪れる際には、公共交通機関やタクシーを利用することができます。施設内には駐車場もありますので、自家用車での訪問も便利です。スリランカのコロンボを訪れる際には、Sri Lanka Planetariumを訪れて宇宙の神秘に触れる機会をお見逃しなく。そこで得られる知識と感動は、旅行者の体験を豊かにすることでしょう。

スリランカ・プラネタリウムの料金

無料

キーワード:Sri Lanka Planetarium | Sri Lanka Planetarium

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

コロンボについて

コロンボは、スリランカの都市であり、行政と司法の首都です(コロンボの近郊にあるスリ・ジャヤワルデネプラ・コッテは立法の首都です)。島の西海岸に位置し、ケラニ川の南に位置するコロンボは、インド洋に面した主要な港です。世界最大級の人工港の一つを持ち、スリランカの外国貿易の大部分を取り扱っています。

この港に関する最も古い記述は、5世紀の中国の旅行者である法顕(Faxian)のものかもしれません。彼はこの港を「ガオランブ」と呼んでいます。シンハラ人はこの港を「コランバ」と呼び、ポルトガル人はそれをシンハラ語で「マンゴの木」(kola、「葉」、amba、「マンゴ」)の言葉に由来すると考えました。より可能性の高い説明は、コランバが「港」または「渡し舟」を意味する古代シンハラ語の言葉だったというものです。

スリランカについて

スリランカは、インド洋に位置し、パーク海峡によってインド半島から分かれている島国です。北緯5°55'から9°51'、東経79°41'から81°53'に位置し、最長で268マイル(432キロメートル)、最大幅は139マイル(224キロメートル)です。