中央市場広場

クラクフ旧市街の中心地

中央市場広場 ポーランド , クラクフ
住所
Rynek Główny, 31-422 Kraków, ポーランド
電話
滞在時間 半日
費用の目安 PLN0.0 ~
英語名 Market Square
現地名 Rynek Główny

中央市場広場につていの情報

中央市場広場とは?

ユネスコ認定のクラクフ旧市街の賑やかな中心であるマーケット スクエアは、中世以来、すべてのアクションが繰り広げられてきた場所です。中世の建物の地下室、路上カフェやレストラン、中心部のルネッサンス様式の織物会館、タウン ホール タワー (ホール自体は 1820 年に取り壊された) などのランドマークにバーがぎっしり詰まっています。 公衆トイレはありますが 2zl かかります。

詳細情報

英語名 Market Square
現地語名 Rynek Główny
住所 Rynek Główny, 31-422 Kraków, ポーランド
価格 0 PLN~
[su_gmap address="Rynek Główny, 31-422 Kraków, ポーランド"] https://www.youtube.com/watch?v=hX1UhI5ww98

キーワード:Rynek Główny | Market Square

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

中央市場広場周辺やクラクフで人気のアクティビティ

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

クラクフについて

クラクフは、ポーランド南部のマウォポルスキエ・ヴォイヴォデシップ(州)の都市で、ヴィスワ川上流の両側に広がっています。ポーランド最大の都市の一つであり、その壮大な歴史的建築物と文化的リーダーシップで知られています。

1978年にUNESCOによってその旧市街地域が世界遺産に指定されました。市場広場であるリネク・グウォヴニ(メインスクエア)は13世紀から存在しており、過去の要塞の跡地には現代の景観が整備されています。人口(2011年)は757,611人です。

ポーランドについて

ポーランド(Poland)は、中央ヨーロッパの国。ポーランドは、北西ヨーロッパの森林地帯と大西洋の海上航路、ユーラシアの肥沃な平野を結ぶ地理的な交差点に位置しています。現在は七つの国に囲まれており、ポーランドは歴史的な地域の影響を受けながら、時の経過とともに成長し、衰退してきました。中世初期には、ポーランドの小さな公国や町が、ドイツ人やバルト人、モンゴル人などの侵略者の連続的な波に服従しました。しかし、16世紀半ばには、統一されたポーランドはヨーロッパ最大の国であり、おそらくは最も強力な国の一つでした。しかし、2世紀半後の1772年から1918年のポーランド分割時代には、ロシア、プロイセン、オーストリアの帝国によって分割され、姿を消しました。

ルネッサンスについて

海外のルネッサンス様式建築について説明します。ルネッサンス様式建築は15世紀から17世紀にかけてヨーロッパで発展した建築様式で、古代ローマや古代ギリシャの建築に着想を得ていました。

1. 背景と歴史:
- ルネッサンス様式建築は、中世ヨーロッパのゴシック様式から脱却し、古代ローマや古代ギリシャの古典的な建築を復活させる動きの一部として生まれました。ルネッサンス期(14世紀から17世紀)は文芸復興の時期で、芸術、文化、科学が隆盛しました。

2. 特徴:
- 古代ローマの建築からの影響: ルネッサンス建築は、古代ローマの建築様式から多くの影響を受けました。特に、円形のアーチ、ドーリア式、イオニア式、コリント式の列柱、ドームなどが取り入れられました。
- 対称性と調和: ルネッサンス建築は対称性と調和を重視し、建物や庭園のデザインにおいてバランスが取られました。対称的なファサードやプロポーションが特徴です。
- アーチとドーム: ルネッサンス建築では、半円形のアーチや大規模なドームが多用され、建築構造に優れた技術が応用されました。
- フレスコ画と装飾: 建物内部には豪華なフレスコ画や装飾が施され、壁や天井が美しい彩りで飾られました。

3. 代表的な建築物:
- イタリア: フィレンツェ大聖堂、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、ヴィッラ・ロトンダ
- フランス: ルーヴル宮殿(一部)、シャンティイ城、フォンテーヌブロー宮殿
- スペイン: アルハンブラ宮殿、エル・エスコリアル修道院
- イングランド: セント・ポール大聖堂、ハンプトン・コート宮殿

4. 影響:
- ルネッサンス様式建築は、ヨーロッパ各地に広まり、その後の建築様式にも影響を与えました。バロックや新古典主義などの様式に発展しました。

ルネッサンス様式建築は、美学と技術の融合を追求し、古代の古典的な美しさを再現しました。その優美なデザインと対称性は、今日でも多くの建物や都市のデザインに影響を与え続けています。