ランギトト島

無人島でのハイキングと火山探検

ランギトト島 ニュージーランド , オークランド
住所
Rangitoto Island, Auckland, ニュージーランド
電話
滞在時間 1日
費用の目安 NZD30.0 ~
英語名 Rangitoto Island
現地名 Rangitoto Island

ランギトト島につていの情報

ニュージーランドのオークランドにあるRangitoto Island(ランギトト島)は、美しい火山島であり、豊かな自然と魅力的なハイキングコースが特徴です。

ランギトトは、オークランドで最も象徴的な島で、その特徴的な対称形の火山錐と、海岸からほんの少し離れた素晴らしい位置にあります。ダウンタウンのオークランドからハーバーを渡るわずかな風光明媚なフェリーの乗船で、この島はハイカーや日帰り旅行者のお気に入りの目的地です。約600年前に海から突如として現れ、オークランド火山フィールドで最も若く、最大の火山です。 4WDのロードトレインでガイドツアーを選択するか、徒歩で頂上まで登ります(片道約1時間)。上り道では黒い溶岩洞窟を見ることができ、子供たちと一緒に探索するための懐中電灯を持参してください。頂上からの景色は壮観で、オーテカリ湾のエメラルド色の島から西のウェイタケレ山脈、東のフヌア山脈まで、すべてを見渡すことができます。 水辺が好きな人は、ランギトトへのガイド付きシーカヤックツアーに参加できます。冒険好きな人は、夜のカヤックに挑戦することさえでき、夕方に頂上から壮大な夕日を眺めた後、星空の下で街の明かりを見ながら暗闇の中に戻って rempad 来ることができます。

歴史

ランギトト島は、約600年前に噴火した火山活動の結果形成されました。この島はマオリ族の伝説的な存在であり、その歴史や文化的な意義は非常に重要です。また、島には第二次世界大戦時に建設された防衛施設の遺跡も残されています。 【概要】 この島は自然愛好家やアウトドアエンスージアストにとって人気のスポットです。独特の火山地形や豊かな植生、美しい海岸線が特徴であり、ハイキングや散策を楽しむことができます。また、島内には野生動物や鳥類が生息しており、自然の息吹を感じることができます。

地理的情報

ランギトトは、およそ600年前にわずか5〜10年続いたと考えられる2つの噴火段階で形成されました。最初の噴火段階は、約627年前(= 553 ± 7年BP)に放射性炭素年代測定法で日付がつけられ、最初は湿潤で、北部コーン地域からのアルカリ性オリビン玄武岩からの噴煙を生み出し、隣接するモツタプ島を覆いました。後の噴火段階は、約578年前(= 504 ± 5年BP)に日付がつけられ、ほとんどがランギトトのほとんどを築き上げる乾燥したもので、盾の亜アルカリ性玄武岩溶岩の流れと、北部コーンをほぼ埋め尽くした頂点の南部スコリアコーンを噴出しました。この火山から噴出した2.3 km³(0.55立方マイル)の物質は、オークランド火山地帯で以前に起こったすべての噴火で生産された物質の合計とほぼ同等で、これらの噴火は約20万年にわたります。

生態系

この島にはほとんど川がないため、植物は雨水に頼って水分を得ています。この島には世界で最も多くのポフツコワの木が生育しており、また多くの北部のラータの木も存在します。合計で、200種類以上の木や花が島で繁茂しており、数種類の蘭や40種類以上のシダも含まれています。植生パターンは、ポフツコワの木(Metrosideros ssp.)が成長する溶岩流の割れ目を作成したより新しい噴火に影響を受けました。

この島は特に重要であると考えられています。生の溶岩地帯から灌木の成立、そして希薄な森林までのすべての段階が見られるからです。溶岩地帯には通常の土壌が存在しないため、風で運ばれる物質や先住植物の遅い分解プロセスがまだ島をほとんどの植物にとって居住可能な地域に変える過程にあるのが現状です(初期の生態系の一例)。これは、地元の森林が比較的若く、まだ大きな鳥の生息地となっていない理由の1つであり、現在も大きな鳥の生息数をサポートしていない理由の1つです。ただし、カーカーというニュージーランド固有種のオウムは、ヨーロッパ人が到来する前にこの島に生息していたと考えられています。

19世紀中盤には、ヤギがランギトト島に多数生息しており、1880年代まで生存していました。ファロー・ディアは1862年にモトゥタプ島に導入され、ランギトト島にも広がりましたが、1980年代には姿を消しました。ブラシテール・ロック・ウォラビーは1873年にモトゥタプ島に導入され、1912年までにランギトト島で一般的になり、ブラシテール・ポッサムは1931年と1946年に導入されました。1990年から1996年にかけて、1080とシアン化物の毒薬、および犬を使用してこれらの動物を駆除しました。駆除キャンペーンは、他の捕食者の存在により鳥類の種の多様性と豊かさにはほとんど影響を与えませんでした。

行き方

ランギトト島へのアクセスはフェリーで行われます。オークランド市内のフェリーターミナルから定期的に運行されており、比較的アクセスが容易です。フェリーの運行スケジュールや料金については事前に調査し、計画を立てましょう。 島内にはハイキングコースや遊歩道が整備されており、自己誘導で探索することができます。ただし、安全を考慮し、適切な装備や水を持参し、天候や地形に注意しながら島内を散策しましょう。 ランギトト島への訪問は、オークランドでの素晴らしい自然体験の一環となるでしょう。美しい景観や豊かな生態系を楽しみながら、非日常の冒険を体験してみてください。

キーワード:Rangitoto Island | Rangitoto Island

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

ランギトト島周辺やオークランドで人気のアクティビティ

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

オークランドについて

オークランド(Auckland)は、ニュージーランドの北島中央部に位置する都市です。国内最大の人口を有し、最大の港を持つオークランドは、ハウラキ湾/ティカパ・モアナ(東)とマヌカウ湾(西南)の間にある狭い地峡を占めています。1840年にウィリアム・ホブソン総督によって植民地政府の首都として設立され、その後インドの総督を務めたジョージ・エデン伯爵にちなんで名付けられました。ニュージーランドで最も広範な都市圏を持つオークランドは、国内で最も多くのマオリ先住民を抱え、南太平洋の他の島々からのポリネシア人も多く住んでいます。

ニュージーランドについて

ニュージーランドは、南半球に位置し、自然の宝庫として知られる美しい国です。この豊かな大地には、雄大な山々、広大な湖、美しい海岸線、広がる草原、原始林など、多様な自然景観が広がっています。 ニュージーランドは、アドベンチャースポーツやアウトドアアクティビティのメッカとしても有名です。

世界的に有名なバンジージャンプやスカイダイビング、サーフィン、トレッキングなど、さまざまなスリル満点のアクティビティが楽しめます。 国内には14の国立公園があり、それぞれが独自の魅力を持っています。タonfanga National Parkでは、壮大なフィヨルドや氷河を眺めながらハイキングが楽しめます。トンガリロ国立公園では、活火山や壮大な景色が広がっており、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地としても知られています。 ニュージーランドの都市部も魅力的で、特にオークランドやクライストチャーチ、クイーンズタウンなどは観光客に人気です。オークランドはニュージーランド最大の都市であり、美しいハーバーや近代的な建築物が魅力です。クライストチャーチはゴシック様式の建築物や広々とした公園が特徴であり、復興の過程にある都市としても注目を集めています。クイーンズタウンはアドベンチャースポーツや美しい湖の景観が魅力であり、冬季にはスキーリゾートとしても知られています。 また、ニュージーランドは美食の宝庫でもあります。

新鮮なシーフード、地元の肉や乳製品、ワインなど、多彩な食材が豊富にあります。特にワイカト地方のランブやマールボロ地方のサヴィニヨン・ブランなど、ワインの生産地としても高い評価を受けています。 ニュージーランドの人々は友好的で温かく、旅行者を歓迎します。マオリ文化も重要な要素であり、伝統的な歌や踊り、クイルト(タトゥー )など、独自の文化を体験することができます。 旅行者の利便性を考慮して、ニュージーランドは交通インフラや宿泊施設も整っています。公共交通機関やレンタカーを利用して自由に移動することができますし、多様な宿泊オプションもあります。 ニュージーランドは、自然の美しさ、アドベンチャースポーツ、豊かな文化、美食、そして温かい人々が魅力の国です。訪れる人々にとって、一生の思い出となる旅の体験が待っています。是非、ニュージーランドを訪れ、その魅力に触れてみてください。