National Railway Museum

スリランカの鉄道の歴史を学ぶことができる博物館

National Railway Museum スリランカ , コロンボ
住所
WVJ5+MFV, Olcott Mawatha, Colombo 01000 スリランカ
電話
滞在時間 1時間
費用の目安 LKR20.0 ~
英語名 National Railway Museum
現地名 National Railway Museum

National Railway Museumにつていの情報
National Railway Museum(ナショナル・レールウェイ・ミュージアム)は、スリランカのコロンボにある鉄道に関する博物館です。ここでは、豊かな鉄道の歴史と文化について学ぶことができます。以下では、National Railway Museumの特徴や展示物、見どころについて詳しく説明します。National Railway Museumは、スリランカ政府鉄道の本部ビルに位置しており、建物自体も歴史的な価値があります。この博物館は、スリランカの鉄道システムの発展と進化を紹介し、訪れる人々に鉄道の重要性と魅力を伝えています。博物館内には、数多くの展示物があります。展示されている鉄道車両は、スリランカの鉄道の発展を象徴しており、様々な時代や種類の車両が展示されています。蒸気機関車、ディーゼル機関車、客車、貨車など、さまざまなタイプの車両を見ることができます。展示物だけでなく、博物館内には鉄道の歴史や技術に関する情報が豊富にあります。パネル展示や写真展示、模型、資料などを通じて、スリランカの鉄道網の成長と発展の歴史を追体験することができます。また、鉄道の運行や技術に関する展示もあり、鉄道ファンや興味を持つ人々にとって興味深いものです。博物館では、スタッフやガイドが親切に案内をしてくれます。質問や疑問があれば、いつでも尋ねることができます。また、鉄道に関するワークショップや特別なイベントも開催されることがありますので、予めスケジュールを確認しておくと良いでしょう。National Railway Museumは、鉄道愛好家や歴史・文化に興味を持つ旅行者にとって、訪れる価値のある場所です。鉄道の発展と進化を学びながら、スリランカの鉄道網の重要性や役割について深く理解することができます。なお、博物館の営業時間や入場料は事前に確認することをおすすめします。訪れる際には、快適な服装と歩きやすい靴を着用し、カメラやノートを持参して、興味深い展示物や情報を記録することをお忘れなく。National Railway Museumは、スリランカの鉄道文化に触れる絶好の機会を提供してくれます。ぜひコロンボを訪れる際には、National Railway Museumを訪れて、鉄道の歴史と魅力に触れてみてください。

National Railway Museumの料金

無料

キーワード:National Railway Museum | National Railway Museum

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

コロンボについて

コロンボは、スリランカの都市であり、行政と司法の首都です(コロンボの近郊にあるスリ・ジャヤワルデネプラ・コッテは立法の首都です)。島の西海岸に位置し、ケラニ川の南に位置するコロンボは、インド洋に面した主要な港です。世界最大級の人工港の一つを持ち、スリランカの外国貿易の大部分を取り扱っています。

この港に関する最も古い記述は、5世紀の中国の旅行者である法顕(Faxian)のものかもしれません。彼はこの港を「ガオランブ」と呼んでいます。シンハラ人はこの港を「コランバ」と呼び、ポルトガル人はそれをシンハラ語で「マンゴの木」(kola、「葉」、amba、「マンゴ」)の言葉に由来すると考えました。より可能性の高い説明は、コランバが「港」または「渡し舟」を意味する古代シンハラ語の言葉だったというものです。

スリランカについて

スリランカは、インド洋に位置し、パーク海峡によってインド半島から分かれている島国です。北緯5°55'から9°51'、東経79°41'から81°53'に位置し、最長で268マイル(432キロメートル)、最大幅は139マイル(224キロメートル)です。