輸送技術博物館

交通とテクノロジーの歴史を体験

輸送技術博物館 ニュージーランド , オークランド
住所
805 Great North Road, Western Springs, Auckland 1022 ニュージーランド
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 NZD19.0 ~
英語名 MOTAT Museum of Transport and Technology
現地名 MOTAT Museum of Transport and Technology

公式サイトを開く
輸送技術博物館につていの情報

ニュージーランドのオークランドにあるMOTAT(Museum of Transport and Technology、交通と技術の博物館)は、興味深い展示物とテクノロジーに関する知識を提供する魅力的な場所です。以下に、MOTATに関する情報をまとめました。 【歴史】 MOTATは1964年に設立され、以来、交通と技術に関連する多様なコレクションを展示してきました。オークランドの交通と技術の発展に寄与することを目的としています。 【概要】 この博物館では、航空機、自動車、鉄道、通信技術など、さまざまな交通手段と技術に関連する展示物を見ることができます。古い時代から現代までの交通機関や技術の進化について学ぶことができるほか、実際の乗り物や装置に触れることもできます。

MOTATはインタラクティブな展示やワークショップも提供しており、訪れる人々に実際の体験と学びの機会を提供します。また、特別展示やイベントも定期的に開催され、訪れるたびに新たな発見が待っています。 【行き方】 MOTATへのアクセスは簡単です。オークランド市内からは公共交通機関(バスや電車)を利用してアクセスすることができます。また、自家用車を利用する場合は、駐車場が利用できます。 博物館の入場料金や営業時間については公式ウェブサイトで確認することをおすすめします。特に特別展示やイベントに興味がある場合は、事前にチェックして計画を立てましょう。 MOTATへの訪問は、交通と技術に興味を持つ人々や家族連れにとって楽しい体験となるでしょう。ぜひオークランドを訪れる際には、MOTATを訪れ、興味深い展示と過去から現在までの技術の進化に触れてみてください。

歴史

1960年に、オールド・タイム・トランスポート・プレザベーション・リーグ、ロイヤル・エアロノーティカル・ソサエティ(ニュージーランド)、およびヒストリック・オークランド・ソサエティは、保存のためにリーグが収集したかなりの交通遺産の一部を収容する適切な場所として、西スプリングスにMOTAT(Museum of Transport and Technology)を設立することを目指して協力しました。1963年に土地はMOTATに移管され、博物館は現在の場所であるテ・ワイ・オレア(テ・レオ・マオリで「ウナギの水」を意味する)で1964年に一般公開されました。

この場所は、オークランドの重要なテクノロジーの歴史を紹介しており、アイコニックなレンガのポンピングハウスは現在、カテゴリー2の歴史的な場所として保存されています。これは、1877年から1910年にかけてポンソンビーの貯水池に水を送り出すために必要な機械を収容するために建設され、後にウェイタケレ山地からの供給が追加されました。オリジナルのビームエンジンは、 Aucklandの歴史におけるその重要性が保存されるよう、包括的な保存活動の後も今日でも稼働しています。

2000年には、MOTATの使命とコレクションの重要性を認識し、運営の基盤となるMOTAT法が制定されました。今日、博物館はMOTATチーム、300人以上のボランティアとスタッフの貴重なスキルセットに支えられています。

開館以来、MOTATのコレクションは30万点以上に成長し、ニュージーランドの技術遺産を紹介しています。博物館は、数百万人の地元、国内、国際の訪問者によって探索され、楽しまれてきました。

輸送技術博物館の入場料(2024年)

無料 5歳未満の子供
$10 子供(5-15歳)
$19 大人
$45 ファミリーパス(大人2名 + 子供最大4名)
$10 NZ学生IDカードを持つ学生
無料 スーパーゴールドカード所持者(ID付き)
$10 海外のシニア(NZ以外、65歳以上)

 

キーワード:MOTAT Museum of Transport and Technology | MOTAT Museum of Transport and Technology

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

輸送技術博物館周辺やオークランドで人気のアクティビティ

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

オークランドについて

オークランド(Auckland)は、ニュージーランドの北島中央部に位置する都市です。国内最大の人口を有し、最大の港を持つオークランドは、ハウラキ湾/ティカパ・モアナ(東)とマヌカウ湾(西南)の間にある狭い地峡を占めています。1840年にウィリアム・ホブソン総督によって植民地政府の首都として設立され、その後インドの総督を務めたジョージ・エデン伯爵にちなんで名付けられました。ニュージーランドで最も広範な都市圏を持つオークランドは、国内で最も多くのマオリ先住民を抱え、南太平洋の他の島々からのポリネシア人も多く住んでいます。

ニュージーランドについて

ニュージーランドは、南半球に位置し、自然の宝庫として知られる美しい国です。この豊かな大地には、雄大な山々、広大な湖、美しい海岸線、広がる草原、原始林など、多様な自然景観が広がっています。 ニュージーランドは、アドベンチャースポーツやアウトドアアクティビティのメッカとしても有名です。

世界的に有名なバンジージャンプやスカイダイビング、サーフィン、トレッキングなど、さまざまなスリル満点のアクティビティが楽しめます。 国内には14の国立公園があり、それぞれが独自の魅力を持っています。タonfanga National Parkでは、壮大なフィヨルドや氷河を眺めながらハイキングが楽しめます。トンガリロ国立公園では、活火山や壮大な景色が広がっており、映画『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地としても知られています。 ニュージーランドの都市部も魅力的で、特にオークランドやクライストチャーチ、クイーンズタウンなどは観光客に人気です。オークランドはニュージーランド最大の都市であり、美しいハーバーや近代的な建築物が魅力です。クライストチャーチはゴシック様式の建築物や広々とした公園が特徴であり、復興の過程にある都市としても注目を集めています。クイーンズタウンはアドベンチャースポーツや美しい湖の景観が魅力であり、冬季にはスキーリゾートとしても知られています。 また、ニュージーランドは美食の宝庫でもあります。

新鮮なシーフード、地元の肉や乳製品、ワインなど、多彩な食材が豊富にあります。特にワイカト地方のランブやマールボロ地方のサヴィニヨン・ブランなど、ワインの生産地としても高い評価を受けています。 ニュージーランドの人々は友好的で温かく、旅行者を歓迎します。マオリ文化も重要な要素であり、伝統的な歌や踊り、クイルト(タトゥー )など、独自の文化を体験することができます。 旅行者の利便性を考慮して、ニュージーランドは交通インフラや宿泊施設も整っています。公共交通機関やレンタカーを利用して自由に移動することができますし、多様な宿泊オプションもあります。 ニュージーランドは、自然の美しさ、アドベンチャースポーツ、豊かな文化、美食、そして温かい人々が魅力の国です。訪れる人々にとって、一生の思い出となる旅の体験が待っています。是非、ニュージーランドを訪れ、その魅力に触れてみてください。