Mayurapathy Kovil Colombo

コロンボで最も美しいヒンドゥー教寺院

Mayurapathy Kovil Colombo スリランカ , コロンボ
住所
17A, Mayura Place, Havelock Rd, Colombo, スリランカ
電話
滞在時間 30分
費用の目安 LKR0.0 ~
英語名 Mayurapathy Kovil Colombo
現地名 Mayurapathy Kovil Colombo

Mayurapathy Kovil Colomboにつていの情報
Mayurapathy Kovil(マユラパティ・コヴィル)は、スリランカの首都コロンボに位置するヒンドゥー教の寺院です。この寺院は、スリランカのタミル人コミュニティにとって重要な宗教的な拠点であり、信仰心の篤い信者や観光客にとって訪れる価値のある場所です。以下では、Mayurapathy Kovilの特徴や魅力について詳しく説明します。Mayurapathy Kovilは、美しい建築様式と独特のデザインが特徴の寺院です。外観からはカラフルな彫刻や装飾が目を引きます。寺院の内部には多くの神々や聖なる像が祀られており、信者たちはここで祈りや儀式を行います。特に、寺院内の主神としてマユラパティ(神鳥の神)が崇拝されています。寺院内部の壁や天井には、ヒンドゥー教の神話や宗教的なシンボルが描かれており、神聖な雰囲気を醸し出しています。Mayurapathy Kovilは、ヒンドゥー教の信仰と宗教的な儀式の中心地として重要な役割を果たしています。寺院では定期的に宗教的な祭りや行事が行われ、多くの信者が集まります。特に、マユラパティの祭りやティル・ポオサム(Thai Pusam)などの祭りでは、信者たちは神聖な歌や踊りを披露し、祭りの盛り上がりを楽しみます。また、寺院では毎日の礼拝や祈りが行われており、信者たちはここで日常的な宗教活動を行うことができます。Mayurapathy Kovilは、タミル人コミュニティの文化や伝統を継承し、維持している重要な場所でもあります。寺院周辺にはタミル人向けのショップやレストランがあり、地元の食べ物や商品を楽しむことができます。また、寺院の近くにはタミル人のコミュニティセンターや図書館もあり、訪れる人々はタミル文化に触れる機会を得ることができます。Mayurapathy Kovilは、スリランカのコロンボを訪れる旅行者にとって、ヒンドゥー教の信仰と文化に触れる貴重な体験の場となっています。寺院は一般に公開されており、観光客は寺院内部を見学し、神聖な雰囲気を感じることができます。訪れる際には、寺院のルールや礼儀に留意し、敬意をもって訪問することをお勧めします。

Mayurapathy Kovil Colomboの料金

無料

キーワード:Mayurapathy Kovil Colombo | Mayurapathy Kovil Colombo

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

コロンボについて

コロンボは、スリランカの都市であり、行政と司法の首都です(コロンボの近郊にあるスリ・ジャヤワルデネプラ・コッテは立法の首都です)。島の西海岸に位置し、ケラニ川の南に位置するコロンボは、インド洋に面した主要な港です。世界最大級の人工港の一つを持ち、スリランカの外国貿易の大部分を取り扱っています。

この港に関する最も古い記述は、5世紀の中国の旅行者である法顕(Faxian)のものかもしれません。彼はこの港を「ガオランブ」と呼んでいます。シンハラ人はこの港を「コランバ」と呼び、ポルトガル人はそれをシンハラ語で「マンゴの木」(kola、「葉」、amba、「マンゴ」)の言葉に由来すると考えました。より可能性の高い説明は、コランバが「港」または「渡し舟」を意味する古代シンハラ語の言葉だったというものです。

スリランカについて

スリランカは、インド洋に位置し、パーク海峡によってインド半島から分かれている島国です。北緯5°55'から9°51'、東経79°41'から81°53'に位置し、最長で268マイル(432キロメートル)、最大幅は139マイル(224キロメートル)です。