コトル要塞

コトルで訪れるべき場所

コトル要塞 モンテネグロ , コトル
住所
Tvrđava Svetog Ivana, Put do Svetog Ivana, Špiljari, モンテネグロ
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 EUR5.0 ~
英語名 Kotor Fortress
現地名 Kotor Fortress

コトル要塞につていの情報
町の要塞コトルはモンテネグロの北西に位置し、クロアチアのドブロブニクからそれほど遠くなく、ボカ湾の南西部、山の尾根ロブチェンのふもとにあります。コトル湾 (ボカ湾、イタリア語 Bocche di Cattaro) は、アドリア海の大陸部分の奥深くに突き出た湾の 1 つです。狭い海峡で互いに接続されたいくつかの小さな湾で構成されており、ヨーロッパで最も優れた自然の港の 1 つとなっています。異なる文化が独特に混ざり合っているため、コトルの旧市街とその周辺の要塞はユネスコの世界遺産に登録されています。ここでは、ルネッサンス、ゴシック、バロックなど、さまざまな時代の痕跡を見つけることができます。 コトルの要塞は、次のような中世の要塞の美しい例です。 ・幅16メートル、高さ20メートル、長さ4.5kmの巨大な要塞壁で、コトルの旧市街を取り囲み、丘の頂上まで伸びています。 ・聖ロコ (Sv Roko) の要塞と救済の聖母教会 (Gospa od zdravlja) に通じる石の階段。 要塞の壁は、9 世紀から 19 世紀にかけてコトルの旧市街の周りに建設され、要塞化されたリングが海と陸の両方からの攻撃から町を保護しました。町を囲む城壁の主要部分は、コトル (カタロ) がダルマチア南部のベネチア共和国の前哨基地だった時代の 13 ~ 14 世紀に建てられました。 歴史家は、古代にこの地域に最初に要塞を建設したのはイリュリア人であり、そこから「イリュリアの砦」(現在は聖イヴァンの要塞)が丘の上に残ったと書いています。紀元前3世紀に来たローマ人。急いで要塞化された要塞を建てた後、ここを支配したほとんどすべての人(ビザンチン、アラブ人、ベネチア人、トルコ人など)が、それを再建したり、独自の方法で構造を再設計したりしました。もちろん、歴史のどの時代も要塞内に痕跡を残しています。しかし、特に活発な交易は、聖マルコの旗の下で、ボカ湾の町のベネチア人在職中に発展しました。そして、明らかに、これが、現在見られる町の基本的な外観が、まさにヴェネツィアの影響によって形成された理由です。

キーワード:Kotor Fortress | Kotor Fortress

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

コトル要塞周辺やコトルで人気のアクティビティ

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

コトルについて

コトル(Kotor)は、城壁の町、海港、およびモンテネグロのアドリア海沿岸に位置するコトル湾の南端に位置するリゾート地です。コトル湾はクロアチア湾(ボカ・コトルスカ)の4つの湾のうちの1つで、ニクシッチの南約30マイル(50キロメートル)に位置しており、急峻なロブチェン山塊(標高1,749メートル)の麓に広がっています。コトルは古代ローマ人によってAcruviumとして建設されました。10世紀にはビザンティウムから統治された自治都市であり、1186年から1371年までは中世セルビアの自由都市でした。

一時期、ヴェネツィアとハンガリーの支配下にあり、1395年から1420年までは独立共和国でしたが、その後再びヴェネツィアの支配下に入りました。この町はトルコの攻撃と地震による定期的な被害を受けました。1807年から1814年までフランスに占拠され、フランス時代の後は1918年にコトルでオーストリア支配が始まり、その後2003年までユーゴスラビアの一部であるセルビア人、クロアチア人、スロベニア人の王国に組み込まれました。

ルネッサンスについて

海外のルネッサンス様式建築について説明します。ルネッサンス様式建築は15世紀から17世紀にかけてヨーロッパで発展した建築様式で、古代ローマや古代ギリシャの建築に着想を得ていました。

1. 背景と歴史:
- ルネッサンス様式建築は、中世ヨーロッパのゴシック様式から脱却し、古代ローマや古代ギリシャの古典的な建築を復活させる動きの一部として生まれました。ルネッサンス期(14世紀から17世紀)は文芸復興の時期で、芸術、文化、科学が隆盛しました。

2. 特徴:
- 古代ローマの建築からの影響: ルネッサンス建築は、古代ローマの建築様式から多くの影響を受けました。特に、円形のアーチ、ドーリア式、イオニア式、コリント式の列柱、ドームなどが取り入れられました。
- 対称性と調和: ルネッサンス建築は対称性と調和を重視し、建物や庭園のデザインにおいてバランスが取られました。対称的なファサードやプロポーションが特徴です。
- アーチとドーム: ルネッサンス建築では、半円形のアーチや大規模なドームが多用され、建築構造に優れた技術が応用されました。
- フレスコ画と装飾: 建物内部には豪華なフレスコ画や装飾が施され、壁や天井が美しい彩りで飾られました。

3. 代表的な建築物:
- イタリア: フィレンツェ大聖堂、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、ヴィッラ・ロトンダ
- フランス: ルーヴル宮殿(一部)、シャンティイ城、フォンテーヌブロー宮殿
- スペイン: アルハンブラ宮殿、エル・エスコリアル修道院
- イングランド: セント・ポール大聖堂、ハンプトン・コート宮殿

4. 影響:
- ルネッサンス様式建築は、ヨーロッパ各地に広まり、その後の建築様式にも影響を与えました。バロックや新古典主義などの様式に発展しました。

ルネッサンス様式建築は、美学と技術の融合を追求し、古代の古典的な美しさを再現しました。その優美なデザインと対称性は、今日でも多くの建物や都市のデザインに影響を与え続けています。

モンテネグロについて

モンテネグロは、バルカン半島に位置する美しい観光地であり、多様な自然の風景や歴史的な遺産で知られています。

まず、モンテネグロの最も有名な観光地の一つは、クロアチアとの国境に近いコトル湾です。コトル湾はその壮大な山々に囲まれた美しい入り江であり、ヨーロッパでもっとも美しい湾の一つとして知られています。湾内には中世の城壁都市であるコトルがあり、その迷路のような石畳の路地やバロック様式の建物は、まるで過去の時代にタイムスリップしたかのような雰囲気を醸し出しています。

モンテネグロにはまた、ダルマチア地方の美しいビーチリゾート地もあります。バドラ市やウルツィニ市などのリゾート地では、美しい砂浜や透明な海水でのんびりと過ごすことができます。さらに、スヴェティ・ステファンという小さな島がリゾートとして整備されており、贅沢な宿泊施設や素晴らしい海の景色を楽しむことができます。

モンテネグロの内陸部にも見所があります。デュブロヴニクとの国境に近いドゥルミトル国立公園は、壮大な山岳地帯と美しい湖を特徴としています。ツァルニ湖やブラツ湖などは絶景の美しさで知られており、ハイキングや自然散策を楽しむことができます。

また、モンテネグロには数多くの歴史的な遺産も存在します。首都のポドゴリツァには、オスマン帝国時代の建物やモスク、正教会の教会などがあり、その歴史的な魅力を感じることができます。また、チェティニェにはモンテネグロの歴史と文化を紹介するチェティニェ国立博物館があり、多くの展示品や美術品を鑑賞することができます。

モンテネグロは自然の美しさと歴史的な遺産の組み合わせが魅力の国です。

美しい海岸線や山々、古城や街並みが訪れる人々を魅了し、様々な楽しみ方ができることで知られています。