フォロ・ロマーノ

古代ローマの心臓、フォロ・ロマーヌ

フォロ・ロマーノ イタリア , ローマ
住所
Piazza del Foro Romano, 00186 Roma RM, イタリア
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 EUR10.0 ~
英語名 Forum Romanum
現地名 Forum Romanum

公式サイトを開く
フォロ・ロマーノにつていの情報
フォロ・ロマーノ(Forum Romanum)は、古代ローマの政治、商業、宗教の中心地であり、イタリアの首都ローマに位置する遺跡地です。フォロ・ロマーヌは紀元前7世紀に設立され、古代ローマの共和政時代から帝国時代にかけて重要な役割を果たしました。 フォロ・ロマーヌは、中央広場であるフォルム広場と、その周囲に広がる建物や遺跡から構成されています。この広場は政治、経済、宗教の中心であり、公共の集会や祭り、法廷の場として使用されました。 フォロ・ロマーヌには多くの重要な建物や構造物があります。その中には、ユリウス・カエサルの霊廟であるカエサル神殿、古代ローマの最高神殿であるヴェスタ神殿、古代ローマの元老院であるクリア・ユリアの建物、トラヤヌスのフォルム(トラヤヌスの市場)などが含まれています。 また、フォロ・ロマーヌの中心にはローマ帝国時代の建築であるティトゥスの凱旋門があります。この凱旋門はティトゥス皇帝の勝利を記念して建設され、彼のエルサレム征服に関連する象徴的な意味を持っています。 フォロ・ロマーヌは古代ローマの栄光と繁栄を物語る遺跡地であり、ローマ帝国の政治的、社会的、宗教的な歴史を伝えています。現在、フォロ・ロマーヌは観光地として一般に公開されており、多くの観光客が訪れ、その壮大な遺跡を鑑賞しています。

キーワード:Forum Romanum | Forum Romanum

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

ローマについて

ローマ(Roma)は、ローマ県、ラツィオ州、イタリアの首都である歴史的な都市です。ローマはイタリア半島の中央部に位置し、テヴェレ川から約15マイル(24キロ)内陸に位置しています。かつて古代の共和国と帝国の首都であり、その軍隊と政体が古代の西洋世界を定義し、その後も不滅の影響を残しました。また、ローマはローマ・カトリック教会の精神的で物理的な拠点であり、芸術と知的な成果の主要な高みが存在する場所でもあり、エターナルシティとして知られ、現在も政治の中心、宗教の中心、過去の創造力の記念碑として残っています。面積は都市が496平方マイル(1,285平方キロメートル)、県が2,066平方マイル(5,352平方キロメートル)です。人口(2011年)都市が2,617,175人、県が3,997,465人、(2022年推定)都市が2,761,632人、県が4,222,631人です。

イタリアについて

イタリアは、地中海に深く突き出る半島を占める南中部ヨーロッパの国であり、しばしばブーツの形をした国と形容されます。イタリアには地球上で最も多様で景観の美しい地域が広がっており、その頂点には世界でも最も険しい山脈の一つであるアルプスがそびえ立っています。

イタリア最高地点は、スイスにあるモンテ・ローザと、フランスにあるモン・ブランに沿っています。西アルプスはアルプスの湖と氷河に削られた谷の風景を見下ろし、それらはポー川とピエモンテまで広がっています。シサルパイン地域の南に位置するトスカーナは、おそらく国内で最もよく知られている地域です。国の中央アルプスから国の長さにわたって伸びるのが高いアペニン山脈で、ローマ近くで幅広くなり、イタリア半島のほぼ全幅を覆っています。ローマの南ではアペニン山脈が狭くなり、ティレニア海を望む広い沿岸平野と、アドリア海を望む広い沿岸平野がそれに続きます。下部のアペニン山脈の多くは未開地のままで、西ヨーロッパの他の地域では滅多に見られない野生のイノシシ、オオカミ、アスプ、クマなどのさまざまな種を宿しています。南アペニン山脈もテクトニック的に不安定で、ヴェズヴィオ火山を含むいくつかの活火山があり、時折、ナポリとその島々の入り江上空に灰と蒸気を噴出します。国の最南端には、地中海にシチリア島とサルディニア島があります。