カフラー王のピラミッド

ギザにある古代ピラミッドの中で 2 番目に高いピラミッド。カフラー王の墓とされる。紀元前 2570 年に建造された。

カフラー王のピラミッド エジプト , カイロ
住所
X4GJ+F93, Al Haram, Giza Governorate 3512201 エジプト
電話
滞在時間 1時間〜2時間
費用の目安 EGP200.0 ~
英語名 Pyramid of Khafre
現地名 هرم خفرع

カフラー王のピラミッドにつていの情報

エジプトのカイロに位置するピラミッドは、古代エジプトの文明の象徴として世界的に有名な観光名所です。その中でも特に注目されるピラミッドの一つが、カイロのピラミッド(Pyramid of Khafre)です。このピラミッドは、エジプト第4王朝のファラオであるカフラー王(またはシェフレン、ケフレン)によって建設されました。カフラー王のピラミッドは、その美しさと壮大なスケールで知られています。高さは約136メートル(446フィート)で、外装は美しいターラコッタ色の石で覆われていました。しかし、現在ではその外装の大部分が失われており、内部の石積みが露出しています。ピラミッドは堂々とそびえ立ち、古代エジプトの建築技術の驚異を物語っています。

ピラミッドの内部には、カフラー王の墓所が存在します。内部は複雑な構造をしており、多くの通路や室がありますが、一般の観光客には制限されている場所もあります。しかしながら、一部のエリアは一般公開されており、ピラミッドの内部構造や古代エジプトの葬送儀式に関する貴重な洞察を提供してくれます。ピラミッドの周辺には、カフラー王の家族や高位の役人のための小さなピラミッドや墓も存在します。また、ピラミッドの前には有名なスフィンクスがありますが、これはカフラー王によって建てられたものではありません。カイロのピラミッドは、その歴史的な重要性と美しさから多くの観光客を魅了しています。その巨大な姿と古代エジプトの建築技術の見事な例に触れることで、訪れる人々は驚嘆と感動を覚えるでしょう。ピラミッドの周辺には観光客向けの施設やガイドもあり、訪れる人々に快適な旅行体験を提供しています。エジプトのカイロを訪れる際には、ピラミッドの見学は必見です。古代エジプトの歴史と文化に触れながら、ピラミッドの壮大な世界を探索してみてください。その圧倒的な存在感と神秘性は、一生の思い出となることでしょう。

カフラー王のピラミッドの料金

60 EGP

キーワード:هرم خفرع | Pyramid of Khafre

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

カフラー王のピラミッド周辺やカイロで人気のアクティビティ

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

カイロについて

カイロ(Cairo)は、エジプトの首都であり、アフリカ最大の都市の一つです。カイロはナイル川の東岸を中心に、アスワン・ハイ・ダムから約800キロメートル下流の同じ場所に1,000年以上も立っています。国の北東部に位置し、カイロはナイル川デルタへの玄関口であり、下流でロゼッタとダミエッタに分かれるナイル川の起点です。大都市カイロはカイロ県全域および他の地区で構成されており、一部はアル・ジーザやカルビーヤなどの隣接する県に属しています。カイロ県の面積は214平方キロメートル、2006年の人口は7,902,085人、2017年の人口は9,539,673人、都市圏の人口は19,295,000人です。

エジプトのカイロの歴史/特徴/気候/経済/面白い事実

エジプトについて

エジプト(Egypt)は、アフリカ北東部に位置する国です。エジプトの中心地であるナイル川の谷とデルタ地帯は、古代中東の主要な文明のひとつの発祥地であり、さらに東方のメソポタミアと同様に、世界で最も古い都市文明のひとつの舞台でもありました。ファラオ時代のエジプトは、外国の支配が一時的に挟まるものの、約3,000年にわたり、幾つかの先住王朝によって栄えました。紀元前323年、アレクサンダー大王がこの地域を征服した後、都市エジプトはヘレニズム世界の一部となりました。ギリシャのトレマ宗家の時代には、アレクサンドリア市で高度な識字社会が栄えましたが、現在のエジプトは紀元前30年にローマに征服されました。それ以降、エジプトはローマ共和国および帝国、そして後継国である東ローマ帝国の一部として存在しましたが、639年から642年にかけてアラブのムスリム軍に征服されました。