コロッセオ

古代の闘技場、永遠の壮大さ

コロッセオ イタリア , ローマ
住所
Piazza del Colosseo, 00184 Roma RM, イタリア
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 EUR20.0 ~
英語名 Colosseum
現地名 Colosseum

公式サイトを開く
コロッセオにつていの情報
コロッセオ(Colosseum)は、イタリアの首都ローマに位置する古代の円形闘技場です。公式には「アンフィテアトルム・フラウィウム」と呼ばれており、その名前は建設を指導した皇帝ヴェスパシアヌスおよびティトゥスの家族名「フラウィウス」に由来しています。コロッセオは紀元70年から80年の間に建設され、完成したのは紀元80年代初頭です。 コロッセオはローマ帝国時代の公衆娯楽施設として使用されました。主にグラディエーターと呼ばれる闘士たちによる闘技や動物の狩猟、海戦の再現などが行われました。この円形闘技場はおおよそ50,000人から80,000人を収容することができ、その壮大な構造は当時の技術の傑作とされています。 コロッセオの外観は非常に印象的であり、アーチや柱、装飾的な彫刻などが特徴です。建物の高さは約48メートル(157フィート)で、外壁は大理石やトラバーチン石で覆われていました。コロッセオの内部には座席があり、社会的な階級に応じて席が割り当てられていました。 コロッセオは数世紀にわたって使用されましたが、地震や戦争による損傷などの影響を受けました。その後、中世になるとコロッセオは石材の再利用などによって一部が破壊され、一時的な住居や要塞としても使用されました。しかし、18世紀から19世紀にかけての修復作業により、コロッセオの一部が再建されました。 現在、コロッセオはローマで最も有名な観光名所の一つとなっており、毎年多くの観光客が訪れています。また、1980年にはユネスコの世界遺産にも登録されています。コロッセオの保存と修復は継続して行われており、その歴史的な価値と美しさが後世に伝えられています。 コロッセオの事実 コロッセオへは80の入り口アーチからアクセスすることができました。そして、「コロッセオ」(またはコロシアム)という名前は、当時アンフィテアトルムのそばに立っていた皇帝ネロの巨大な像(ネロの巨像)に基づいています。コロッセオの総周囲は527メートルで、最大の高さは48.50メートルです。建材としては、石灰岩(アーチの最下層)、軽いレンガ(2段目と3段目のアーチ)、そしてコンクリートが使用されました。外装にはティヴォリ近くのトラバーチン石が使用されました。座席と内壁には大理石が使用されました。実際の闘技が行われたアリーナは76メートル×44メートルで、4メートルの壁で囲まれていました。推定では、30万人から50万人がコロッセオのアリーナで命を落としたとされています。 コロッセオの観客席は4つのギャラリーに分かれていました。アリーナに最も近い座席は元老院議員や役人、他の重要な人々のために予約されていました。皇帝には専用のボックスとプライベートの入り口がありました。2つ目と3つ目のギャラリーは男性の観客のためで、上流階級ほどアリーナに近い座席に座りました。4つ目の上部ギャラリーは元老院議員や騎士の妻たちのためでした。当時、コロッセオは大きな布の日よけ、いわゆるベラリウムで覆うことができました。伝説によれば、240本のマストに対して1000人の船員が日よけを張るのに必要だったとされています。

キーワード:Colosseum | Colosseum

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

ローマについて

ローマ(Roma)は、ローマ県、ラツィオ州、イタリアの首都である歴史的な都市です。ローマはイタリア半島の中央部に位置し、テヴェレ川から約15マイル(24キロ)内陸に位置しています。かつて古代の共和国と帝国の首都であり、その軍隊と政体が古代の西洋世界を定義し、その後も不滅の影響を残しました。また、ローマはローマ・カトリック教会の精神的で物理的な拠点であり、芸術と知的な成果の主要な高みが存在する場所でもあり、エターナルシティとして知られ、現在も政治の中心、宗教の中心、過去の創造力の記念碑として残っています。面積は都市が496平方マイル(1,285平方キロメートル)、県が2,066平方マイル(5,352平方キロメートル)です。人口(2011年)都市が2,617,175人、県が3,997,465人、(2022年推定)都市が2,761,632人、県が4,222,631人です。

イタリアについて

イタリアは、地中海に深く突き出る半島を占める南中部ヨーロッパの国であり、しばしばブーツの形をした国と形容されます。イタリアには地球上で最も多様で景観の美しい地域が広がっており、その頂点には世界でも最も険しい山脈の一つであるアルプスがそびえ立っています。

イタリア最高地点は、スイスにあるモンテ・ローザと、フランスにあるモン・ブランに沿っています。西アルプスはアルプスの湖と氷河に削られた谷の風景を見下ろし、それらはポー川とピエモンテまで広がっています。シサルパイン地域の南に位置するトスカーナは、おそらく国内で最もよく知られている地域です。国の中央アルプスから国の長さにわたって伸びるのが高いアペニン山脈で、ローマ近くで幅広くなり、イタリア半島のほぼ全幅を覆っています。ローマの南ではアペニン山脈が狭くなり、ティレニア海を望む広い沿岸平野と、アドリア海を望む広い沿岸平野がそれに続きます。下部のアペニン山脈の多くは未開地のままで、西ヨーロッパの他の地域では滅多に見られない野生のイノシシ、オオカミ、アスプ、クマなどのさまざまな種を宿しています。南アペニン山脈もテクトニック的に不安定で、ヴェズヴィオ火山を含むいくつかの活火山があり、時折、ナポリとその島々の入り江上空に灰と蒸気を噴出します。国の最南端には、地中海にシチリア島とサルディニア島があります。