カラウィット・サファリ・パーク

野生動物保護区

カラウィット・サファリ・パーク フィリピン , パラワン島
住所
7VHJ+4VC, Busuanga, Palawan, Philippines
電話
滞在時間 1日
費用の目安 PHP0.0 ~
英語名 Calauit Safari Park
現地名 Calauit Safari Park

カラウィット・サファリ・パークにつていの情報
Calauit Safari Park(カラウィット・サファリ・パーク)は、フィリピンのパラワン島に位置する動物保護区です。 Calauit Safari Parkは、1976年に設立された歴史的な保護区であり、元々はワシントン条約によって絶滅の危機に瀕していたアフリカの野生動物を救うために設立されました。 この保護区は、その広大な敷地と多様な野生動物の種類で知られています。カラウィット島の広大な土地は、セブ島からの移住民によって提供され、アフリカのサバンナに似た環境が再現されました。 Calauit Safari Parkでは、さまざまな野生動物を見ることができます。キリン、シマウマ、オリックス、ガゼルなど、アフリカの大陸に生息する動物たちが自然な環境で暮らしています。また、希少な種であるコリブリやフィリピン鹿など、フィリピン固有の動物も見ることができます。 この保護区は、エコツーリズムの一環としても知られており、観光客はガイド付きのサファリツアーに参加することができます。車やジープに乗って広大な敷地を巡りながら、野生動物たちを間近で観察する貴重な体験ができます。 Calauit Safari Parkは、野生動物保護や環境教育の重要な役割を果たしています。保護区内では、動物の保護と生息地の維持に取り組んでおり、野生動物の保護意識を高めるための啓発活動も行われています。 フィリピンのパラワン島のCalauit Safari Parkは、希少な野生動物たちとの貴重な出会いが待っています。自然の中で動物たちを観察し、保護活動に対する理解を深めることができます。ぜひこの保護区を訪れて、自然との触れ合いを楽しんでください。

キーワード:Calauit Safari Park | Calauit Safari Park

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

フィリピンについて

フィリピンは東南アジアに位置する美しい島国で、その豊かな自然環境や文化的な魅力で知られています。以下にフィリピンの観光に関する簡単な概要をまとめました。

まず、フィリピンは美しいビーチリゾートが数多くあります。ボラカイ島はその中でも特に有名で、白い砂浜とクリアな海が広がっています。他にもパラワン島のエルニドやシュノーケリングやダイビングスポットとして人気のあるモアルボアル島など、素晴らしいビーチリゾートがたくさんあります。

フィリピンには美しい自然景観も豊富にあります。チョコレートヒルズと呼ばれる地形が特徴的なボホール島や、タール火山やバナウェの棚田など、息をのむような景色を楽しむことができます。また、プエルトプリンセサ地下河やタウバタタ滝などの自然の驚異も見逃せません。

フィリピンはまた、独自の文化や歴史も持っています。イントラムロス地区のようなスペイン植民地時代の遺産やバリカス国立公園のような先住民族の文化に触れることができます。また、マニラのナショナルミュージアムやシティオブビガンなどの博物館も訪れる価値があります。

フィリピン料理も見逃せない魅力の一つです。アドボやシニガン、レチョンなど、フィリピン独特の味わいが楽しめます。また、フィリピンは新鮮なシーフードの宝庫でもあり、ローカルマーケットでの食事体験もおすすめです。

さらに、フィリピンはアクティビティやアドベンチャーの機会も豊富です。シュノーケリングやダイビング、サーフィン、トレッキング、ホワイトウォーターラフティングなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。

最後に、フィリピン人の温かいおもてなしと笑顔も忘れてはなりません。現地の人々と交流することで、より深い文化体験をすることができます。

パラワン島について

パラワン(Palawan)は長くて細長く、南シナ海とスールー海の間に東北から南西に伸びています。最大幅は24マイル(39キロメートル)で、全長270マイル(434キロメートル)にわたり、南部に位置するマントリンガハン山(標高2,085メートル)が最高峰です。南端にあるバラバクとブグスク島の群島は、更新世時代(約2,600,000年から11,700年前)にパラワンとボルネオ島をつなぐ陸橋の名残であり、そのため動植物相は他のフィリピン諸島よりもボルネオにより密接に関連しています。