アッティディヤ鳥類保護区

スリランカで最も重要な鳥類保護区

アッティディヤ鳥類保護区 スリランカ , コロンボ
住所
114b කොළඹ - හොරණ මාර්ගය, Boralesgamuwa, スリランカ
電話
滞在時間 2時間
費用の目安 LKR0.0 ~
英語名 Attidiya Bird Sanctuary
現地名 Attidiya Bird Sanctuary

アッティディヤ鳥類保護区につていの情報
Attidiya Bird Sanctuary(アッティディヤ・バード・サンクチュアリ)は、スリランカのコロンボに位置する自然保護区であり、鳥類愛好家や自然観察家にとって魅力的なスポットです。以下では、このサンクチュアリの特徴や鳥の種類について詳しく説明します。Attidiya Bird Sanctuaryは、コロンボ市内から車で約30分の距離に位置しています。広さ約300ヘクタールの敷地内には、湿地帯、沼地、森林など様々な生態系が広がっており、多くの野鳥が生息しています。このサンクチュアリは、鳥類の保護と繁殖を促進し、生態系のバランスを維持するために設立されました。Attidiya Bird Sanctuaryでは、約160種類以上の鳥が観察されています。これには、水鳥、渡り鳥、猛禽類、カワセミ、ウッドペッカーなどが含まれます。サンクチュアリ内の湿地や池では、フラミンゴ、クレーン、コウノトリなどの美しい水鳥を見ることができます。また、森林や茂みでは、オウムやウグイスなどの鳴き声を聞くことができます。サンクチュアリ内には、鳥の観察や自然散策に適したトレイルが整備されています。設置された展望台や観察ポイントから、鳥の生息地を眺めることができます。また、ガイド付きツアーも利用でき、専門のガイドが鳥の種類や習性について詳しく解説してくれます。鳥の観察にはカメラや双眼鏡を持参することをおすすめします。Attidiya Bird Sanctuaryは、自然環境の保護と鳥の生息地の維持に取り組んでおり、敷地内では鳥の保護活動も行われています。訪れる旅行者は、静寂な自然の中で鳥の美しさを感じながら、環境保護の重要性について学ぶことができます。なお、サンクチュアリ内には施設が限られているため、訪れる際には事前に準備をしておくことをおすすめします。日焼け止め、帽子、虫除けなどの防御具を持参し、環境に配慮した行動を心掛けましょう。Attidiya Bird Sanctuaryは、スリランカの自然の美しさと多様な鳥の種類を楽しむことができる魅力的なスポットです。鳥類愛好家や自然愛好家にとっては必見の場所であり、訪れる価値があります。是非、コロンボを訪れる旅行者にこの素晴らしい自然保護区を紹介してください。

アッティディヤ鳥類保護区の料金

無料

キーワード:Attidiya Bird Sanctuary | Attidiya Bird Sanctuary

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

コロンボについて

コロンボは、スリランカの都市であり、行政と司法の首都です(コロンボの近郊にあるスリ・ジャヤワルデネプラ・コッテは立法の首都です)。島の西海岸に位置し、ケラニ川の南に位置するコロンボは、インド洋に面した主要な港です。世界最大級の人工港の一つを持ち、スリランカの外国貿易の大部分を取り扱っています。

この港に関する最も古い記述は、5世紀の中国の旅行者である法顕(Faxian)のものかもしれません。彼はこの港を「ガオランブ」と呼んでいます。シンハラ人はこの港を「コランバ」と呼び、ポルトガル人はそれをシンハラ語で「マンゴの木」(kola、「葉」、amba、「マンゴ」)の言葉に由来すると考えました。より可能性の高い説明は、コランバが「港」または「渡し舟」を意味する古代シンハラ語の言葉だったというものです。

スリランカについて

スリランカは、インド洋に位置し、パーク海峡によってインド半島から分かれている島国です。北緯5°55'から9°51'、東経79°41'から81°53'に位置し、最長で268マイル(432キロメートル)、最大幅は139マイル(224キロメートル)です。