国立宮殿

メキシコの大統領官邸。スペイン征服以前は、アステカの神殿であった。

国立宮殿 メキシコ , メキシコシティ
住所
P.za de la Constitución S/N, Centro Histórico de la Cdad. de México, Centro, Cuauhtémoc, 06066 Ciudad de México, CDMX, メキシコ
電話 55 5093 4900
滞在時間 1-2時間
費用の目安 MXN0.0 ~
英語名 National Palace
現地名 Palacio Nacional

公式サイトを開く
国立宮殿について
レビュー
国立宮殿(Palacio Nacional)は、メキシコシティにある歴史的な建造物で、メキシコの政治的な中心であり、美しい建築と豊かな歴史を持つ観光スポットです。

国立宮殿は、メキシコシティの中心部に位置し、メキシコ広場(ソカロ)に隣接しています。この建物は16世紀にスペイン植民地時代に建てられ、元々はスペイン副王の宮殿として使用されていました。その後、独立後のメキシコ共和国の大統領府としての役割を果たすようになりました。

国立宮殿は美しいバロック様式の建築で知られており、その壮大な外観や壁面に描かれた壮大な壁画が訪れる人々を魅了します。有名な壁画の一つには、ディエゴ・リベラによって描かれた「メキシコの歴史と未来」があり、メキシコの歴史や文化、人々の生活を描写しています。

国立宮殿は一般に公開されており、観光客は内部を見学することができます。内部には大統領の執務室や歴史的な部屋があり、その壮大な装飾や歴史的な家具を見ることができます。また、宮殿周辺には美しい庭園もあり、静かな環境で散策することができます。

国立宮殿はメキシコの政治的なシンボルとしての重要性も持っており、大統領の宣誓式など重要な行事がここで行われます。訪れる際には、ガイド付きツアーやオーディオガイドを利用すると、建物の歴史や背後にある物語を深く理解することができます。

国立宮殿は、歴史と政治、美術の要素が融合した魅力的な観光地であり、メキシコシティを訪れる際には必見の場所です。

キーワード:Palacio Nacional | National Palace

メキシコについて

メキシコは、アメリカ合衆国と中央アメリカの間に位置する国で、多彩な自然と歴史、文化を有する人気の観光地です。

自然

メキシコには、太平洋やメキシコ湾に面する美しいビーチ、雄大な山脈、広大な砂漠、ジャングルなど、多彩な自然が広がっています。

カリブ海沿いのビーチリゾート

カンクン、リビエラ・マヤ、イスカタニなど、カリブ海沿いに広がるビーチリゾートは、メキシコを代表する観光地です。白砂のビーチ、エメラルドグリーンの海、青い空が織りなす絶景は、まさに南国の楽園です。

雄大な山脈

メキシコシティの北東に位置するポポカテペトル山は、メキシコで最も高い山です。標高5,452mの火山で、登山やトレッキングを楽しむことができます。

広大な砂漠

メキシコの北部には、チワワ砂漠やソーノラ砂漠など、広大な砂漠が広がっています。砂漠の雄大な景色や、砂漠に生息する野生動物を見ることができます。

ジャングル

メキシコの南部には、マヤ文明の遺跡が残るユカタン半島をはじめ、広大なジャングルが広がっています。ジャングルには、マヤ文明の遺跡や、熱帯の植物や動物が生息しています。

歴史と文化

メキシコは、古代マヤ文明やアステカ文明などの栄えた文明が存在した歴史を持つ国です。

古代遺跡

メキシコには、マヤ文明やアステカ文明などの古代遺跡が数多く残されています。チチェン・イッツァ、テオティワカン、パレンケなど、ユネスコの世界遺産に登録されている遺跡もあります。

植民地時代の町並み

メキシコシティやグアナフアトなどの町には、スペインによる植民地時代に築かれた美しい町並みが残されています。

メキシコ料理

メキシコ料理は、世界中で人気を集めています。タコス、ブリトー、ケサディーヤ、エンチラーダなど、さまざまな種類の料理を楽しむことができます。

観光のおすすめスポット

メキシコには、さまざまな観光スポットがありますが、特におすすめのスポットをいくつかご紹介します。

チチェン・イッツァ
マヤ文明の古代都市で、ユネスコの世界遺産に登録されています。ピラミッドや神殿などの遺跡が数多く残されており、マヤ文明の繁栄を今に伝えています。

テオティワカン
古代メソアメリカの都市で、ユネスコの世界遺産に登録されています。太陽のピラミッドや月のピラミッドなどの遺跡が残されており、古代メソアメリカ文明の謎に迫ることができます。

カンクン
カリブ海沿いのビーチリゾートです。白砂のビーチ、エメラルドグリーンの海、青い空が織りなす絶景は、まさに南国の楽園です。

メキシコシティ
メキシコの首都です。先古代から現代まで、さまざまな文化が融合した街並みが魅力です。

グアナフアト
スペインによる植民地時代に築かれた美しい町並みが残る街です。世界遺産にも登録されています。

メキシコは、自然と歴史、文化が豊かな魅力的な国です。ぜひ、メキシコ旅行を計画してみてはいかがでしょうか。

メキシコシティについて

メキシコシティは、メキシコの首都であり、世界最大級の都市です。人口は約900万人で、標高2,240メートルの高地に位置しています。

メキシコシティは、古代アステカ文明の都であるテノチティトランの跡地に建てられた都市です。そのため、街の中心部には、アステカ時代の遺跡や、スペイン植民地時代の建築物など、歴史的建造物が数多く残されています。

また、メキシコシティは、メキシコの文化や芸術の中心地でもあります。メキシコ国立人類学博物館や国立歴史博物館など、世界有数の博物館や美術館が数多くあり、メキシコの歴史や文化を学ぶことができます。

さらに、メキシコシティは、メキシコ料理の中心地としても有名です。タコスやブリトー、ケサディーヤなど、さまざまなメキシコ料理を味わうことができます。

メキシコシティの観光スポットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ソカロ広場:メキシコシティの中心部にある広場。メキシコシティのランドマークであり、メトロポリタン大聖堂、テンプロ・マヨール、国立宮殿などの歴史的建造物が立ち並ぶ。
  • テンプロ・マヨール:アステカ時代の神殿遺跡。メキシコシティの象徴的な観光スポット。
  • 国立宮殿:スペイン植民地時代の宮殿。ディエゴ・リベラによる壁画が有名。
  • メキシコ国立人類学博物館:メキシコの歴史や文化に関する展示品が豊富な博物館。
  • 国立歴史博物館:メキシコの歴史に関する展示品が豊富な博物館。
  • チャプルテペク城:メキシコシティの中心部に位置する山の上に建つ城。メキシコシティの街並みを一望できる。
  • テオティワカン遺跡:メキシコシティから車で約1時間のところにある古代都市遺跡。世界遺産に登録されている。
  • ソチミルコ:メキシコシティの南部にある運河の町。カラフルなボートに乗って、運河沿いの町並みを散策できる。

メキシコシティへの観光の際は、以下の点に注意してください。

  • 標高が高いため、高山病の症状に注意する。
  • 治安が悪い場所もあるので、夜間の一人歩きは避ける。
  • 水道水は飲用不可なので、ミネラルウォーターを飲む。

メキシコシティは、古代から現代まで、さまざまな文化が融合した魅力的な都市です。ぜひ一度、訪れてみてください。