Kurşunlu Waterfall

自然公園内にある美しい滝で、散策やピクニックに最適なスポット

Kurşunlu Waterfall トルコ , アンタルヤ
住所
Kursunlu Şelalesi, 07119 Aksu/Antalya, トルコ
電話 (0242) 433 22 18
滞在時間 1〜2時間
費用の目安 TRY10.0 ~
英語名 Kurşunlu Waterfall
現地名 Kurşunlu Şelalesi Tabiat Parkı

Kurşunlu Waterfallについて
レビュー
Kurşunlu Waterfall(クルシュンルの滝)は、トルコのアンタルヤに位置する美しい自然の景観であり、訪れる人々に癒しとリラックスを提供しています。以下では、Kurşunlu Waterfallに関する詳細な情報を紹介します。Kurşunlu Waterfallは、アンタルヤ市中心部から約18キロメートルの距離に位置し、クルシュンル自然公園内にあります。この自然公園は広大な面積を持ち、様々な樹木や植物、鳥や野生動物が生息しています。訪れる人々は、美しい自然環境を楽しみながらリラックスした時間を過ごすことができます。Kurşunlu Waterfallは、滝からなる美しい景観が特徴です。滝の水は、クルシュンル川から流れ出し、岩壁を下りながら滝となって落下します。滝の水は豊富で、その音と迫力は訪れる人々を魅了します。特に春や秋の季節には、周囲の緑と滝の水のコントラストが美しい光景を作り出します。Kurşunlu Waterfallは、滝そのものだけでなく、周辺の自然環境も魅力の一部です。公園内には木道や散策路が整備されており、訪れる人々は美しい自然を散策しながら滝までの道を歩くことができます。道沿いには様々な植物や鳥のさえずりを楽しむことができ、自然愛好家や写真愛好家にとっては魅力的なスポットとなっています。Kurşunlu Waterfallは、訪れる人々にピクニックやバーベキューを楽しむ場所も提供しています。公園内にはベンチやテーブル、バーベキューグリルが設置されており、家族や友人と一緒に自然の中で食事を楽しむことができます。また、公園内にはカフェやレストランもあり、軽食や飲み物を楽しむこともできます。Kurşunlu Waterfallへのアクセスは比較的容易で、アンタルヤ市内からタクシーやレンタカーを利用することができます。公共交通機関も利用可能で、バスやミニバスが定期的に運行されています。訪れる際には、適切な服装と歩きやすい靴を着用し、日焼け止めや帽子などの日除けも忘れずに持参しましょう。また、カメラや双眼鏡などを持って行くと、美しい風景や野生動物を観察するのに役立ちます。Kurşunlu Waterfallは、アンタルヤの美しい自然環境を楽しむための魅力的なスポットです。滝の迫力と周囲の自然の静寂が絶妙なバランスを作り出し、訪れる人々に心地よいリラックスタイムを提供します。アンタルヤを訪れる旅行者や自然愛好家にとって、Kurşunlu Waterfallは必見の観光スポットとなることでしょう。

Kurşunlu Waterfallの料金

大人: 10トルコリラ、学生: 5トルコリラ

Kurşunlu Waterfallの営業時間

月曜日: 8時30分~19時30分, 火曜日: 8時30分~19時30分, 水曜日: 8時30分~19時30分, 木曜日: 8時30分~19時30分, 金曜日: 8時30分~19時30分, 土曜日: 8時30分~19時30分, 日曜日: 8時30分~19時30分

キーワード:Kurşunlu Şelalesi Tabiat Parkı | Kurşunlu Waterfall

Kurşunlu Waterfall周辺やアンタルヤで人気のアクティビティ

アンタルヤについて

アンタルヤ(Antalya)は、トルコ南西部の都市で、地中海の港です。アンタルヤ湾に位置しています。 アッタリア(Attalia)は、紀元前2世紀にペルガモン王国の王であるアッタロス2世フィラデルフスによって港町として建設されました。彼の後継者であるアッタロス3世フィロメトール・エウエルゲテスによって、この地はローマ帝国に譲渡されました。使徒パウロと使徒バルナバは、アンティオキアへの宣教のためにこの港から船出しました。また、紀元130年に皇帝ハドリアヌスが訪れたことを記念して建てられた「ハドリアヌスの門」は、3つの同一のアーチからなる大理石の門です。

トルコについて

トルコ(Turkey)は、ユニークな地理的位置を占め、一部はアジアに、一部はヨーロッパに位置しています。その歴史を通じて、この国は両大陸の間における障壁と架け橋の役割を果たしてきました。

トルコはバルカン半島、カフカス、中東、東地中海の交差点に位置しています。領土と人口においてこの地域の大国の一つであり、その陸地面積はヨーロッパのどの国よりも広いです。ほぼ国土の全域がアジアにあり、アジアの小半島であるアジア・マイノル(アナトリアとも呼ばれます)と、東部にはアルメニア高原として知られる山岳地帯の一部が含まれています。残りの部分、つまりトルコのスラヴ・トラキア(トラキアとも呼ばれる)は、かつてバルカン半島の大部分にまたがっていた帝国のわずかな残りの部分で、極東ヨーロッパの極東部に位置しています。