バーゼル美術館

16世紀に建てられた美術館で、15世紀から現代までの絵画、彫刻、版画、写真、工芸品など、約40万点のコレクションを収蔵しています。

バーゼル美術館 スイス , バーゼル
住所
St. Alban-Graben 16, 4051 Basel, スイス
電話 061 206 62 62
滞在時間 2時間
費用の目安 CHF15.0 ~
英語名 Fine Arts Museum Basel
現地名 Kunstmuseum Basel

公式サイトを開く
バーゼル美術館につていの情報
バーゼル美術館(Fine Arts Museum Basel)は、スイスのバーゼルに位置する世界でも有数の美術館の一つです。その歴史は古く、1661年に設立されたことから、長い間、美術品の収集や保存、展示に尽力しています。バーゼル美術館は、3つの建物で構成されており、各建物には独自のコレクションが展示されています。ファースト・ビルディング(主館): ファースト・ビルディングはバーゼル美術館の本館であり、古代からルネサンス期の美術品を中心に展示されています。エジプトやギリシャ・ローマの美術品、中世からルネサンス期の絵画や彫刻などが見どころです。特にハンス・ホルバインやヤン・ファン・エイクなどの名だたる作家の作品を鑑賞できます。ニューウェスト(新西洋): ニューウェストには19世紀から20世紀初頭の美術品が展示されており、印象派やポスト印象派、表現主義などの重要な作品が収められています。モネ、ルノワール、ゴッホ、シャガールなどの世界的に有名な画家たちの作品を鑑賞できることで、芸術の歴史を感じることができます。ギャッツ美術館(Gegenwartskunst Basel): ギャッツ美術館では、20世紀以降の現代美術品が展示されており、ポップアートやミニマルアート、アブストラクトアートなど、幅広いジャンルの作品を見ることができます。現代アートの魅力を堪能することができるでしょう。バーゼル美術館は芸術愛好家や歴史に興味を持つ旅行者にとって、必見の観光スポットです。館内には多言語の案内や解説が用意されているため、言語の壁を感じることなく、美術の魅力を堪能できます。美術館周辺にはカフェやレストランも多く、美術鑑賞の合間に休憩することができるのも魅力の一つです。バーゼルを訪れる際には、バーゼル美術館をぜひ訪れ、芸術の世界に浸ってみてください。

バーゼル美術館の料金

大人 15 CHF、学生 10 CHF、子供 無料

キーワード:Kunstmuseum Basel | Fine Arts Museum Basel

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます

スイスについて

ゴッホについて

バーゼルについて

バーゼル(Basel)は、スイス最古の大学都市です。市内には40以上の博物館があり、芸術や文化に精通した人々にとって国内で最も博物館が集中している場所となっています。バーゼルには美しい旧市街や現代建築、そしてライン川があり、ここは一時の休息に招かれる魅力的なスポットでもあります。

歴史的なランドマークとしては、豪華に装飾された赤い砂岩の市庁舎や後期ロマネスク・ゴシック様式の大聖堂などがあります。小さなブティックや古書店、そして現代デザイナーの店などを通り抜けながら旧市街を散策すると、「Läckerli Huus」で伝統的なバーゼルのハニーケーキを試すのも価値があります。バーゼルは伝統を重んじつつもオープンマインドな都市であり、Herzog & de Meuron、Mario Botta、Diener & Diener、Richard Meyerなどの有名建築家によってデザインされた近代的な建物が数多く存在しています。

バーゼルは約40の博物館を抱え、国内で最も多くの博物館が集まる都市です。バーゼル美術館、鉄の彫刻家ジャン・ティンゲリーに捧げられた博物館、フォンダシオン・バイエラー、文化博物館など、国際的に有名な博物館が多くの訪問者を魅了しています。また、数多くのギャラリーや劇場もあります。バーゼルにはシンフォニーオーケストラや室内オーケストラ、国際的なプロダクションを行うミュージカル劇場などがあり、幅広いクラシックと現代の公演がバーゼル劇場とプレイハウスのステージで行われています。

バーゼルは緑豊かな都市でもあります。植物園、メリアン・ゲルテン、ライン川の岸辺は、リラックスしたりしばらく滞在したりするのに最適な場所です。また、動物園のバーゼルにあるエトーシャ・ハウスでは、ナミビアのサバンナの壮大な光景を見ることができます。バーゼルは徒歩や自転車で簡単に探索することができます。ライン川の4つのフェリーがグロスバーゼルとクラインバーゼルを結んでいます。

近くのアウグスト・ラウリカでは、印象的な遺跡や博物館の多くの発見が、過去におけるローマ人の忙しい生活を物語っています。バーゼル地方の美しい田園地帯は春に多くのさくらんぼの木々で飾られ、特に美しい花々が咲き誇ります。ドイツやフランス、ブラックフォレストやヴォージュ山脈は、バーゼルの国境都市からわずかな距離にあります。

毎年開催されるファスナハト(カーニバル)は、バーゼルの人々にとって最も重要な祝祭です。灰の水曜日の翌月曜日には「モルゲンシュトライヒ」と呼ばれる行事が行われます。朝4時ちょうどに市内のすべての灯が消え、市の通りをカラフルで華麗な行列が始まります。

バーゼルで宿泊する場合は、BaselCardを利用すると多くの文化やレジャー施設で割引を受けることができます。個人用のゲストカードはバーゼルの宿泊施設の予約ごとに無料で提供され、ウェブアプリとしてスマートフォンにダウンロードすることもできます。


バーゼルはスイスの文化の首都として広く認知されており、その理由は明確です。美しい旧市街を散策したり、40近い博物館の一つを訪れたりすると、アートに囲まれた街を体験できます。さらに、バーゼルは市内ツアーで発見するのにぴったりの一流の現代建築も特徴としています。バーゼルのクリスマスマーケットは、バルフュッサープラッツとミュンスタープラッツで行われ、スイスで最も美しく大きなものの一つとされています。クリスマス前の期間には、多くのイベントや博物館での見応えある特別展示が、市の文化的なイベントをさらに豊かにします。




バーゼルの秘密のランドマークはライン川です。人々は愛らしいブヴェット(小さな屋外飲食店)でリラックスしたり、ゆったりとした流れに身を委ねたりしながら過ごします。暑い夏の日には、市の風景を背景にライン川で泳ぐことは、他に類を見ない美しい体験です。