ユール・ヴェイデンボス橋

スリナム最大の橋。パラマリボ市内とカイエン市内を結んでいる。

ユール・ヴェイデンボス橋 スリナム , パラマリボ
住所
Jules Wijdenboschbrug, Paramaribo, スリナム
電話
滞在時間 30分
費用の目安 SRD0.0 ~
英語名 Jules Wijdenbosch Bridge
現地名 Jules Wijdenboschbrug

ユール・ヴェイデンボス橋について
レビュー
Jules Wijdenbosch Bridge(ユールス・ウィジデンボッシュ橋)は、南アメリカのSurinameの首都Paramariboを横断する、印象的な道路橋です。この橋は、Suriname川を渡り、ParamariboとCommewijne地区を結びつけています。Jules Wijdenbosch Bridgeは、国内外の観光客にとって重要な交通路であり、訪れる人々に美しい景観と便利な交通アクセスを提供しています。Jules Wijdenbosch Bridgeは、その壮大な設計と建築様式で知られています。この斜張橋は、スリナム川を横切るために建設され、全長は1,504メートルに及びます。橋はモダンなデザインであり、特に夜間には美しくライトアップされ、輝く姿が美しい光景を作り出します。橋を渡る際には、素晴らしい景色を楽しむことができます。Suriname川の両岸に広がる美しい自然や水辺の景色は、訪れる人々に魅了されることでしょう。特に夕日や夜景の時間帯には、橋からの眺めがさらに美しくなります。Jules Wijdenbosch Bridgeは、Surinameの観光名所や地域へのアクセスを容易にしてくれます。橋を渡ることで、Commewijne地区の様々な観光スポットにアクセスすることができます。例えば、Commewijne地区では悠久の歴史を持つプランテーションや美しい自然公園、地元のコミュニティを訪れることができます。また、Commewijne地区は自転車での探索にも最適なエリアであり、サイクリング愛好家にとっても魅力的な場所です。Jules Wijdenbosch Bridgeは、Surinameの交通システムにおいても重要な役割を果たしています。橋を利用することで、ParamariboとCommewijne地区の間の移動が簡単になります。訪れる人々は、この橋を通じて両地域の魅力を探索し、文化や自然の違いを体験することができます。Jules Wijdenbosch Bridgeは、建築的な美しさと便利な交通アクセスを兼ね備えたSurinameのランドマークです。訪れる際には、橋からの素晴らしい景色を楽しみながら、ParamariboとCommewijne地区を行き来する新たな体験を味わってください。Jules Wijdenbosch Bridgeは、Surinameの交通ネットワークの重要な一部であり、美しい景色と便利な移動手段を提供してくれます。

ユール・ヴェイデンボス橋の料金

無料

キーワード:Jules Wijdenboschbrug | Jules Wijdenbosch Bridge

スリナムについて

スリナム(Suriname)は、南アメリカの北海岸に位置する国です。スリナムは南アメリカで最も小さな国の1つですが、その人口は地域内で最も民族的に多様な国の一つです。その経済は主に世界有数のボーキサイトの供給に依存しており、その生産者の1つです。国の南部の4分の4はほぼ完全な熱帯雨林で覆われています。

かつてオランダ領ギアナとして知られていたスリナムは、1975年11月25日に独立を果たした、オランダの植民地でした。1980年から1987年まで、この国は一連の軍事政権によって統治されました。1987年に新しい民事憲法が承認されました。1990年に別の軍事クーデタが起きましたが、翌年に国は民政に戻りました。首都パラマリボは、スリナム川沿いで大西洋から約15キロメートル離れています。

スリナムの観光情報

スリナムは、本当の宝物と言えます。それはアマゾンの一部である熱帯雨林です。スリナムの表面の93%がジャングルに覆われており、私たちはそれを保ちたいと考えています。

誰もがスリナムに訪れ、自然と人々に最大限の敬意を払いながら休暇を楽しむことができます。

パラマリボ

パラマリボは、スリナムの首都であり、24万人の人々が暮らしています。スリナムを訪れるほとんどの人々は、まずパラマリボのホテルで滞在を始めます。さまざまなホテルやリゾートがあなたを歓迎し、そこでスリナムの文化の最初の味を楽しむことができます。

エコツーリズム

スリナムの森の奥深くを訪れることができるさまざまな場所があります。しかし、そこには西洋社会の施設がほとんどないことに気づくでしょう。ただし、携帯電話のカバレッジとWIFI / インターネットはあります。小さな村にはほとんど商業施設がなく、そこにある施設はまだ小規模です。

これによって、熱帯雨林、その野生動物、自然が手付かずのままに保たれています。

スリナムでの贅沢な休暇は、他のどこかでの休暇とは非常に異なります。しかし、その代わりに得られるものはずっと価値があります。スリナムを訪れたすべての人々は、一生の思い出を作ることでしょう。

ハイキングコース

エコツーリズムの一環として、さまざまなハイキングコースがあります。つまり、特定の植物や動物に焦点を当ててジャングルを案内されることができます。スリナムの素晴らしいハイキングコースを100本紹介します。

パラマリボ動物園

スリナムには1つの動物園、パラマリボ動物園があります。スリナムの野生で見ることが珍しい動物がいます。2019年に動物園のさまざまな部分がアップグレードされたので、今日は本当に訪れる価値があります。

スリナムの有名なモノ

スリナムは南米の国で、豊かな文化と多様な自然景観で知られています。以下にスリナムの有名な観光地、食べ物、そして文化的な特徴についていくつか紹介します。

観光地:

  • パラマリボの歴史地区: スリナムの首都パラマリボにあるこの地区は、ユネスコの世界遺産に登録されています。植民地時代の建築とカリブ海の影響が融合したユニークな建築様式が特徴です。
  • セントラル・スリナム自然保護区: 世界最大の熱帯雨林保護区の一つで、多様な野生生物と自然景観が楽しめます。


食べ物:

  • ロティ: インドの影響を受けたフラットブレッドで、カレーなどと一緒に食べられます。
  • ポム: タヤリート(キャッサバから作られたチューブ状の野菜)を使った伝統的な料理で、肉や野菜と一緒にオーブンで焼かれます。

人物:

  • スリナムは多民族国家で、インド、アフリカ、インドネシア、ヨーロッパ、中国など様々な民族のルーツを持つ人々が共存しています。この多様な文化的背景は、スリナムの音楽、ダンス、伝統的な祭りなどにも影響を与えています。

パラマリボについて

パラマリボは、スリナムという人口の少ない国の賑やかな首都であり、唯一の都市です。約24万人(2012年時点)が暮らしており、国の人口の半分以上がこののんびりとした南米の宝石に住んでいます。大西洋から15キロ離れており、国の主要な港、政府の拠点、ビジネスと学習の中心地です。

スリナムを訪れる多くの旅行者がここに立ち寄り、市内の美しいユネスコ世界遺産に登録された植民地時代の中心地を楽しんでいます。パラマリボは、持続可能な旅行に重点を置いたスリナムの観光経済拡大の取り組みをリードしています。 このフレンドリーな街の雰囲気を感じるためには、賑やかな中央市場でたくさんの果物から選び、町を散策して植民地時代の遺産を称賛することがおすすめです。そして、ウォーターカント(水辺)に向かって、地元の人々と一緒にスリナム川の船を眺めながら、ジョーゴ(地元のビール)と塩漬けの魚を楽しんでください。 パラマリボという名前はおそらく、パルミルボ(またはパルムルボまたはパルマルボ)というインディアンの村の名前の変形です。オランダ人は1631年に交易拠点を設立しましたが、オランダがそれを放棄したときにはイギリスの手に渡りました。イギリス人はフォート・ウィロビーという要塞を建設しました。

1667年にはゼーラント州の遠征隊によってこの地域は征服され、要塞はゼーランディアと呼ばれ、パラマリボは新ミデルブルフと改名されましたが、その名前は一般的には使われませんでした。パラマリボは、奴隷制度の廃止後の1863年に成長し、多くの元奴隷がこの街に引き寄せられました。 現在、パラマリボの人口の48%がキリスト教徒であり、14%がヒンドゥー教徒、9%がムスリム、4%が他の宗教を信仰しており、4%は無宗教であり、21%はこの質問に回答していません(最新の国勢調査時)。 世帯の3分の2でオランダ語が最も話されており、他の多くの世帯では第二言語として話されています。他にもよく話されている言語は、スラナントンゴ(クレオール言語)、サルナミ・ヒンドスタニ語、ジャワ語などです。約2%の人々が最初の言語として英語を使用していますが、英語は多くの住民によって広く話されています。