シーマ・マラカヤ寺院

コロンボで最も美しい仏教寺院

シーマ・マラカヤ寺院 スリランカ , コロンボ
住所
WV83+QR3, Sir James Pieris Mawatha, Colombo, スリランカ
電話
滞在時間 30分
費用の目安 LKR0.0 ~
英語名 Gangaramaya Seema Malaka
現地名 Gangaramaya Seema Malaka

公式サイトを開く
シーマ・マラカヤ寺院について
レビュー
Gangaramaya Seema Malakaは、スリランカのコロンボにある仏教寺院であり、その美しい建築と宗教的な重要性から多くの訪れる人々を魅了しています。以下では、その特徴や歴史、寺院の文化的な要素について詳しく説明します。 Gangaramaya Seema Malakaは、1979年に建設された寺院であり、セイロン仏教大学(現在のスリジャヤワルダナプラコッテ大学)の創設者であるヴェヌヴァナヴェーダ・カリヤラートネ・ナーナーユッタ・テーラ大師によって設立されました。寺院はベラ湖(Beira Lake)の中に位置し、美しい水上寺院として知られています。 寺院の建築様式は、伝統的なスリランカの寺院建築とモダンな要素を組み合わせています。木製の橋を渡って寺院に入ると、湖上に浮かぶパビリオンが目に入ります。このパビリオンは、静かな雰囲気の中で瞑想や瞑想の実践を行うための場所として利用されています。 寺院の内部には、数々の仏像や宗教的な彫刻が飾られており、仏教の信仰と教えを示しています。また、寺院内には仏教の学習や瞑想のための施設もあり、訪れる人々は静寂な雰囲気の中で心の平和を求めることができます。 Gangaramaya Seema Malakaは、年に数回行われる仏教の祭りや行事の場としても知られています。特に、ビサク・プージャ(仏陀の誕生、悟り、入滅を祝う祭り)やカート・フェスティバル(仏教徒の信仰と感謝を表す祭り)など、重要な仏教行事が行われます。これらの祭りは、多くの信者や観光客が訪れ、寺院周辺には賑やかな雰囲気が広がります。 また、Gangaramaya Seema Malakaは文化と芸術の中心地でもあります。寺院内には美術館があり、仏教の宗教的なアートや工芸品を展示しています。また、寺院 の周辺には多くの工芸品店や手工業者が集まっており、訪れる人々は美しい装飾品や伝統的な工芸品を購入することができます。 Gangaramaya Seema Malakaは、コロンボの観光名所の一つであり、仏教の宗教的な重要性や文化的な魅力を体験するには理想的な場所です。寺院の美しい建築、静寂な雰囲気、豊かな文化的な要素は、訪れる人々に心の平和と癒しを与えてくれます。 訪問者は、寺院内での静かな散策や瞑想、仏教の学習体験を楽しむことができます。また、寺院周辺にはレストランやカフェがあり、休憩や食事をする場所としても利用できます。 Gangaramaya Seema Malakaは、スリランカのコロンボを訪れる旅行者にとって、宗教的な場所としてだけでなく、美しい建築と文化の交流の場としても魅力的なスポットです。是非訪れてみてください。

シーマ・マラカヤ寺院の料金

無料

キーワード:Gangaramaya Seema Malaka | Gangaramaya Seema Malaka

コロンボについて

コロンボは、スリランカの都市であり、行政と司法の首都です(コロンボの近郊にあるスリ・ジャヤワルデネプラ・コッテは立法の首都です)。島の西海岸に位置し、ケラニ川の南に位置するコロンボは、インド洋に面した主要な港です。世界最大級の人工港の一つを持ち、スリランカの外国貿易の大部分を取り扱っています。

この港に関する最も古い記述は、5世紀の中国の旅行者である法顕(Faxian)のものかもしれません。彼はこの港を「ガオランブ」と呼んでいます。シンハラ人はこの港を「コランバ」と呼び、ポルトガル人はそれをシンハラ語で「マンゴの木」(kola、「葉」、amba、「マンゴ」)の言葉に由来すると考えました。より可能性の高い説明は、コランバが「港」または「渡し舟」を意味する古代シンハラ語の言葉だったというものです。

スリランカについて

スリランカは、インド洋に位置し、パーク海峡によってインド半島から分かれている島国です。北緯5°55'から9°51'、東経79°41'から81°53'に位置し、最長で268マイル(432キロメートル)、最大幅は139マイル(224キロメートル)です。