Knoi Waterfall

自然美に包まれた美しい滝

タグ: インド マナリ

Knoi Waterfall インド , マナリ
住所
55GW+9G9, MDR29, Khaknal, Himachal Pradesh 175136 インド
電話
滞在時間 1〜2時間
費用の目安 INR0.0 ~
英語名 Knoi Waterfall
現地名 कनोई वॉटरफॉल

Knoi Waterfallについて
レビュー
マナリから10km離れた場所に位置するKnoiの滝は、自然と冒険好きの人々にとって息をのむような目的地です。この20フィートの滝は、小柄ながらも美しい景色と洞窟のような底部が特徴で、固いヒマラヤ山脈に囲まれた場所にあります。 訪れる人々は、クル-ナッガル-マナリの道路を通って滝にたどり着くことができます。雨期には特に活気があり、ロマンチックな日帰り旅行に最適なスポットです。

Knoi Waterfallの料金

不明

キーワード:कनोई वॉटरफॉल | Knoi Waterfall

インドについて

インド(India)は、南アジアの大部分を占める国です。インドは28の州と8つの連邦直轄地で構成されており、その首都は20世紀に建設されたニューデリーです。ニューデリーは、歴史的なオールドデリーの南に建設され、インドの行政中心地として機能しています。インドの政府は憲法共和制であり、数千の民族集団と数百の言語からなる高度に多様な人口を代表しています。2023年に国連の推計によれば、インドは世界で最も人口の多い国となりました。

考古学的な証拠から、インド亜大陸の北西部を紀元前2600年から2000年ごろまで支配した、非常に洗練された都市化された文化であるインダス文明が知られています。この時期以降、インドは事実上自己完結型の政治と文化の舞台として機能し、ヒンドゥー教と主に関連付けられた独自の伝統が生まれました。ヒンドゥー教のルーツは主にインダス文明に遡ることができます。その他の宗教、特に仏教とジャイナ教はインドで発祥しましたが、その存在は今ではかなり小さくなっています。そして、数世紀にわたって、インド亜大陸の住民は数学、天文学、建築、文学、音楽、美術などの分野で豊かな知的生活を築いてきました。

インドの歴史を通じて、北の山壁を越えての侵入によって断続的に動揺しました。特に重要なのは、イスラム教の到来で、8世紀初頭にアラブ、トルコ、ペルシャ、その他の略奪者によって北西からもたらされました。そのうちの一部の略奪者が残り、13世紀までにインドの大部分がムスリムの支配下にあり、ムスリムの数は着実に増加しました。1498年にポルトガルの航海者ヴァスコ・ダ・ガマが到着し、その後のヨーロッパの海上優位性の確立によって、インドは海路による主要な外部の影響を受けるようになりました。このプロセスは、支配層の衰退とインド亜大陸のイギリス帝国への統合で終わりました。

マナリについて

マナリ(Manali)は、インドの北部ヒマーチャルプラデーシュ州に位置する高地のヒマラヤリゾートタウンです。バックパッキングの中心地や新婚旅行の目的地として評判があります。ベース川に位置し、ソラング渓谷でのスキーやパルヴァティ渓谷でのトレッキングの出発点として知られています。また、パラグライディング、ラフティング、ピールパンジャル山脈での登山のスタート地点でもあり、標高4,000メートルのロータン峠がある地域です。