ナイロメーター

ナイル川の水位を測定する装置

ナイロメーター エジプト , カイロ
住所
264G+Q2J, Al-Miqyas Street, Southern Tip of Al-Roda Island, Cairo Governorate شارع المقياس, الطرف الجنوبي, لجزيرة الروضة, Cairo Governorate, エジプト
電話
滞在時間 30分〜1時間
費用の目安 EGP50.0 ~
英語名 Nilometer
現地名 مقياس النيل بجزيرة الروضة

ナイロメーターについて
レビュー
エジプトのカイロにあるNilometer(ナイルメーター)は、ナイル川の水位を測定するための伝統的な装置です。この装置は、古代エジプトから現代まで使用されており、ナイル川の水位の変動を監視し、農業や水利に関する重要な情報を提供してきました。Nilometerは、ナイル川の河口やカイロ近くの地域に建てられています。これらの建物は、通常、円形または四角形の井戸状の構造をしており、石やレンガで作られています。一般的には、階段や柱、測定目盛りなどがあり、ナイル川の水位を計測するための尺度が備えられています。Nilometerは、ナイル川の水位を測定するために使用されます。古代エジプトでは、ナイル川の氾濫は農業にとって非常に重要であり、水位の正確な測定が行われました。測定結果に基づいて、水利施設の維持や灌漑システムの調整など、農業活動に関連する意思決定が行われました。また、Nilometerは宗教的な意味合いも持っています。古代エジプトでは、ナイル川は生命の象徴と考えられ、氾濫は豊穣と繁栄をもたらすものとされました。したがって、ナイルメーターは神聖な場所として扱われ、祭祀や儀式が行われることもありました。現代のNilometerは、観光名所としても訪れる人々に人気です。カイロの一部のNilometerは修復や再建が行われ、観光客が訪れることができるようになっています。訪問者は、ナイル川の水位を示す測定目盛りを見ることができ、古代のエジプトの水管理システムについて学ぶことができます。Nilometerは、エジプトのカイロを訪れる旅行者にとって、古代エジプトの水利文化と農業の重要性を体験する機会です。ナイル川の水位の測定方法やナイル川の役割について学びながら、古代エジプトの文化と歴史に触れることができます。

ナイロメーターの料金

無料

キーワード:مقياس النيل بجزيرة الروضة | Nilometer

ナイロメーター周辺やカイロで人気のアクティビティ

エジプトについて

エジプト(Egypt)は、アフリカ北東部に位置する国です。エジプトの中心地であるナイル川の谷とデルタ地帯は、古代中東の主要な文明のひとつの発祥地であり、さらに東方のメソポタミアと同様に、世界で最も古い都市文明のひとつの舞台でもありました。ファラオ時代のエジプトは、外国の支配が一時的に挟まるものの、約3,000年にわたり、幾つかの先住王朝によって栄えました。紀元前323年、アレクサンダー大王がこの地域を征服した後、都市エジプトはヘレニズム世界の一部となりました。ギリシャのトレマ宗家の時代には、アレクサンドリア市で高度な識字社会が栄えましたが、現在のエジプトは紀元前30年にローマに征服されました。それ以降、エジプトはローマ共和国および帝国、そして後継国である東ローマ帝国の一部として存在しましたが、639年から642年にかけてアラブのムスリム軍に征服されました。

カイロについて

カイロ(Cairo)は、エジプトの首都であり、アフリカ最大の都市の一つです。カイロはナイル川の東岸を中心に、アスワン・ハイ・ダムから約800キロメートル下流の同じ場所に1,000年以上も立っています。国の北東部に位置し、カイロはナイル川デルタへの玄関口であり、下流でロゼッタとダミエッタに分かれるナイル川の起点です。大都市カイロはカイロ県全域および他の地区で構成されており、一部はアル・ジーザやカルビーヤなどの隣接する県に属しています。カイロ県の面積は214平方キロメートル、2006年の人口は7,902,085人、2017年の人口は9,539,673人、都市圏の人口は19,295,000人です。

エジプトのカイロの歴史/特徴/気候/経済/面白い事実