Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial

海軍の英雄を讃える記念碑で、訪れる人々に感動を与えます。

Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial エジプト , アレクサンドリア
住所
Al Gonday Al Maghool Sq., Al Mansheyah Al Kubra, Qesm Al Mansheyah, Alexandria Governorate 5361033 エジプト
電話
滞在時間 30分-1時間
費用の目安 EGP0.0 ~
英語名 Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial
現地名 النصب التذكارى للجندي المجهول

Alexandria Naval Unknown Soldier Memorialについて
レビュー
エジプトのアレクサンドリアに位置するアレクサンドリア海軍無名戦士記念碑(Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial)は、その歴史的な意義と迫力あるデザインで知られています。この記念碑は、エジプト海軍の戦士たちとその犠牲を称えるために建てられました。その存在は、エジプトの軍事的な誇りと国民の尊敬を象徴しています。アレクサンドリア海軍無名戦士記念碑は、1993年に建設されました。記念碑は地中海に面した高台に位置し、美しい海の風景をバックにして立ち上がっています。デザインは独特で迫力があり、優美な曲線やモダンな要素が組み合わされています。記念碑の中央には巨大な白い円柱がそびえ立っており、その上部にはエジプトの海軍のシンボルが刻まれています。円柱の周りには、エジプトの海軍の勇士たちを讃える彫刻やレリーフが配置されています。これらの彫刻とレリーフは、海軍の勇気と犠牲を象徴し、訪れる人々に感銘を与えます。記念碑の周辺には、美しい庭園や散策エリアが広がっており、訪れる人々は静けさと穏やかな雰囲気の中でリラックスした時間を過ごすことができます。記念碑自体も周囲の風景と調和しており、訪れる人々に感動的な視覚的な体験を提供しています。アレクサンドリア海軍無名戦士記念碑は、エジプトの誇りと軍事的な遺産を称える重要な場所です。その存在は、エジプトの海軍の英雄たちへの感謝と尊敬を示し、国民に彼らの犠牲と奉仕についての思いを呼び起こします。訪れる人々にとって、アレクサンドリア海軍無名戦士記念碑は、歴史的な重要性と美しさを兼ね備えた必見の観光スポットとなるでしょう。エジプトの軍事の遺産と勇敢な海軍戦士たちへの敬意を示すために、この記念碑を訪れることをおすすめします。

Alexandria Naval Unknown Soldier Memorialの料金

入場無料

Alexandria Naval Unknown Soldier Memorialの営業時間

月曜日: 24 時間営業, 火曜日: 24 時間営業, 水曜日: 24 時間営業, 木曜日: 24 時間営業, 金曜日: 24 時間営業, 土曜日: 24 時間営業, 日曜日: 24 時間営業

キーワード:النصب التذكارى للجندي المجهول | Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial

Alexandria Naval Unknown Soldier Memorial周辺やアレクサンドリアで人気のアクティビティ

アレクサンドリアについて

アレクサンドリア(Alexandria)は、エジプトの主要な都市であり、都市ガバナレート(県)です。かつて地中海世界でも最大の都市の一つであり、ヘレニズムの学問と科学の中心地でした。アレクサンダー大王によって紀元前332年に建設され、642年にʿAmr ibn al-ʿĀṣ率いるアラブ軍に降伏するまで、エジプトの首都でした。エジプト最大の都市の一つであり、アレクサンドリアは主要な海港であり、重要な産業センターでもあります。この都市は、ナイル川デルタの西端、エジプトのロワー・エジプトに位置し、カイロから北西に約114マイル(183キロメートル)の場所にあります。都市の面積は116平方マイル(300平方キロメートル)。2006年の人口は、都市で4,110,015人でした。

エジプトについて

エジプト(Egypt)は、アフリカ北東部に位置する国です。エジプトの中心地であるナイル川の谷とデルタ地帯は、古代中東の主要な文明のひとつの発祥地であり、さらに東方のメソポタミアと同様に、世界で最も古い都市文明のひとつの舞台でもありました。ファラオ時代のエジプトは、外国の支配が一時的に挟まるものの、約3,000年にわたり、幾つかの先住王朝によって栄えました。紀元前323年、アレクサンダー大王がこの地域を征服した後、都市エジプトはヘレニズム世界の一部となりました。ギリシャのトレマ宗家の時代には、アレクサンドリア市で高度な識字社会が栄えましたが、現在のエジプトは紀元前30年にローマに征服されました。それ以降、エジプトはローマ共和国および帝国、そして後継国である東ローマ帝国の一部として存在しましたが、639年から642年にかけてアラブのムスリム軍に征服されました。