ベルニーニの噴水(双子の噴水)

サン・ピエトロ広場にあるベルニーニ作の2つの美しい噴水

ベルニーニの噴水(双子の噴水) イタリア , バチカン市国
住所
Piazza San Pietro, 00120 Città del Vaticano, ローマ教皇庁 (バチカン)
電話
滞在時間 15分-30分
費用の目安 EUR0.0 ~
英語名 Bernini Fountain
現地名 Bernini Fountain

公式サイトを開く
ベルニーニの噴水(双子の噴水)について
レビュー
バチカン市国のベルニーニの噴水、または一般的には「双子の噴水」として知られている噴水は、バチカン市国内のサン・ピエトロ広場に位置しています。この美しい噴水は、イタリアの巨匠ジャン・ロレンツォ・ベルニーニによって設計され、バチカン市国の象徴的なランドマークの一つとなっています。双子の噴水は、バチカン市国の歴史と芸術を結びつける重要な作品です。噴水は対称的なデザインであり、広場の中央に位置しています。2つの噴水はほぼ同じデザインであり、それぞれ円形の盛り土の上に立っています。噴水の上部にはエジプト風のオベリスクがあり、水はその周囲から噴き出しています。ベルニーニの双子の噴水は、バロック様式の最高傑作として称賛されています。デザインは非常に詳細で繊細であり、噴水の美しさは一目で分かります。噴水の彫刻は神話や宗教的な要素を取り入れており、バチカン市国の信仰と文化を反映しています。噴水は美しい彫刻と滑らかな水流が組み合わさり、迫力と優雅さを同時に感じさせます。双子の噴水は、バチカン市国の象徴的な場所であり、多くの観光客や巡礼者が訪れる人気スポットです。特にサン・ピエトロ広場の中央に位置しているため、バチカン市国への訪問者は必ず目にすることができます。噴水の周りにはベンチや花壇が配置されており、訪れる人々は美しい景色を楽しみながらくつろぐことができます。バチカン市国のベルニーニの双子の噴水は、その美しいデザインと芸術的な価値によって称賛され、バチカン市国の魅力的な要素の一つとなっています。訪れる際には、噴水の周囲を散策し、ベルニーニの芸術の優れた技量とバチカン市国の雰囲気を存分に味わってください。

ベルニーニの噴水(双子の噴水)の料金

入場無料

ベルニーニの噴水(双子の噴水)の営業時間

月曜日: 24 時間営業, 火曜日: 24 時間営業, 水曜日: 24 時間営業, 木曜日: 24 時間営業, 金曜日: 24 時間営業, 土曜日: 24 時間営業, 日曜日: 24 時間営業

キーワード:Bernini Fountain | Bernini Fountain

イタリアについて

イタリアは、地中海に深く突き出る半島を占める南中部ヨーロッパの国であり、しばしばブーツの形をした国と形容されます。イタリアには地球上で最も多様で景観の美しい地域が広がっており、その頂点には世界でも最も険しい山脈の一つであるアルプスがそびえ立っています。

イタリア最高地点は、スイスにあるモンテ・ローザと、フランスにあるモン・ブランに沿っています。西アルプスはアルプスの湖と氷河に削られた谷の風景を見下ろし、それらはポー川とピエモンテまで広がっています。シサルパイン地域の南に位置するトスカーナは、おそらく国内で最もよく知られている地域です。国の中央アルプスから国の長さにわたって伸びるのが高いアペニン山脈で、ローマ近くで幅広くなり、イタリア半島のほぼ全幅を覆っています。ローマの南ではアペニン山脈が狭くなり、ティレニア海を望む広い沿岸平野と、アドリア海を望む広い沿岸平野がそれに続きます。下部のアペニン山脈の多くは未開地のままで、西ヨーロッパの他の地域では滅多に見られない野生のイノシシ、オオカミ、アスプ、クマなどのさまざまな種を宿しています。南アペニン山脈もテクトニック的に不安定で、ヴェズヴィオ火山を含むいくつかの活火山があり、時折、ナポリとその島々の入り江上空に灰と蒸気を噴出します。国の最南端には、地中海にシチリア島とサルディニア島があります。

バチカン市国について

バチカン市国(Vatican City)は、ローマ・カトリック教会の本部である、ローマにある飛び地である、内陸の教皇国家で、テヴェレ川の西岸に位置しています。バチカン市国は、世界で最も小さな完全独立の国家です。その境界は、中世とルネサンスの城壁に囲まれており、ただし、東南東部のセントピータースクエア(ピアッツァ・サン・ピエトロ)を除いて、すべてが城壁によって区切られています。6つの出入り口のうち、一般の人々が利用できるのは、ピアッツァ、セントピーター大聖堂のファサードにあるアルコ・デッレ・カンパーネ(鐘のアーチ)、および北壁にあるバチカン博物館と美術館への入口の3つだけです。最も印象的な建物は、4世紀に建設され、16世紀に再建されたセントピーター大聖堂です。この大聖堂は、使徒聖ペテロの墓の上に建てられており、キリスト教世界で(ヤムソクロ大聖堂に次ぐ)2番目に大きな宗教建築物です。

バチカン宮殿は、市国の壁内にある教皇の居所です。ホーリーシー(聖座)とは、ローマ・カトリック教会の政府に与えられた名前で、教皇がローマの司教として指導する教会の組織です。そのため、ホーリーシーの権限は世界中のカトリック教徒に及びます。1929年以来、教皇が普遍的な権威を行使するために独立した国家として設立されたバチカン市国に本拠地を置いています。