アンタルヤ動物園

多種多様な動物が飼育されており、家族連れに人気のあるスポット

アンタルヤ動物園 トルコ , アンタルヤ
住所
Kepezaltı Piknik Sahası İçerisi, Nebiler, 07192 Kepez/Antalya, トルコ
電話 (0242) 332 32 32
滞在時間 半日〜1日
費用の目安 TRY70.0 ~
英語名 Antalya Zoo
現地名 ANTALYA HAYVANAT BAHÇESİ

公式サイトを開く
アンタルヤ動物園について
レビュー
Antalya Zoo(アンタルヤ動物園)は、トルコのアンタルヤに位置する魅力的な動物園です。豊富な種類の動物や美しい自然環境が訪れる人々を魅了し、家族や動物愛好家にとっての人気の観光スポットとなっています。以下では、Antalya Zooに関する詳細な情報を提供します。Antalya Zooは、広大な敷地内に様々な動物の展示エリアがあります。園内には約100種以上の動物が生息しており、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類など多様な種類の生き物を見ることができます。中でも、ライオン、トラ、ゾウ、キリン、チーター、オランウータンなどの人気のある動物たちがいます。動物園は動物たちのための快適な環境を提供しており、それぞれのエリアは自然な風景や植物で装飾されています。動物たちは広い敷地で生活し、自然な行動をとることができます。また、園内には動物たちの健康と幸福を確保するための専門スタッフが配置されており、適切な飼育とケアが行われています。Antalya Zooは、家族や子供連れの観光客にとっても楽しい場所です。園内には子供向けの遊び場やエンターテイメント施設があり、子供たちは動物たちとの触れ合いや学びの体験を楽しむことができます。さらに、動物ショーなどのエンターテイメントプログラムも開催されており、観客は動物たちの驚くべき能力や特徴を見ることができます。また、Antalya Zooは自然保護と教育にも力を入れています。園内では動物の保護と種の保存に取り組んでおり、訪れる人々に自然環境や生態系の重要性について啓発する活動も行われています。敷地内には教育センターや情報パネルも設置されており、動物たちとの共存と持続可能な環境について学ぶことができます。Antalya Zooは一年中公開されており、観光客は自由に訪れることができます。園内にはレストランやカフェもあり、飲食施設で休憩しながら動物たちを観察することもできます。また、ギフトショップでは動物に関連したグッズやお土産品を購入することもできます。アンタルヤのAntalya Zooは、動物愛好家や自然を楽しむ人々にとって魅力的な観光スポットです。美しい動物たちと触れ合いながら、自然環境と保護活動について学ぶことができます。家族や友人との楽しい時間を過ごすために、ぜひ訪れてみてください。

Antalya Zooの料金

大人: 40トルコリラ、学生: 20トルコリラ

Antalya Zooの営業時間

月曜日: 定休日, 火曜日: 9時00分~18時00分, 水曜日: 9時00分~18時00分, 木曜日: 9時00分~18時00分, 金曜日: 9時00分~18時00分, 土曜日: 9時00分~18時00分, 日曜日: 9時00分~18時00分

キーワード:ANTALYA HAYVANAT BAHÇESİ | Antalya Zoo

アンタルヤ動物園周辺やアンタルヤで人気のアクティビティ

アンタルヤについて

アンタルヤ(Antalya)は、トルコ南西部の都市で、地中海の港です。アンタルヤ湾に位置しています。 アッタリア(Attalia)は、紀元前2世紀にペルガモン王国の王であるアッタロス2世フィラデルフスによって港町として建設されました。彼の後継者であるアッタロス3世フィロメトール・エウエルゲテスによって、この地はローマ帝国に譲渡されました。使徒パウロと使徒バルナバは、アンティオキアへの宣教のためにこの港から船出しました。また、紀元130年に皇帝ハドリアヌスが訪れたことを記念して建てられた「ハドリアヌスの門」は、3つの同一のアーチからなる大理石の門です。

トルコについて

トルコ(Turkey)は、ユニークな地理的位置を占め、一部はアジアに、一部はヨーロッパに位置しています。その歴史を通じて、この国は両大陸の間における障壁と架け橋の役割を果たしてきました。

トルコはバルカン半島、カフカス、中東、東地中海の交差点に位置しています。領土と人口においてこの地域の大国の一つであり、その陸地面積はヨーロッパのどの国よりも広いです。ほぼ国土の全域がアジアにあり、アジアの小半島であるアジア・マイノル(アナトリアとも呼ばれます)と、東部にはアルメニア高原として知られる山岳地帯の一部が含まれています。残りの部分、つまりトルコのスラヴ・トラキア(トラキアとも呼ばれる)は、かつてバルカン半島の大部分にまたがっていた帝国のわずかな残りの部分で、極東ヨーロッパの極東部に位置しています。