ビオグラドスカ・ゴラ国立公園

ヨーロッパで最後の3つの大規模な原生林の一つ

タグ:

ビオグラドスカ・ゴラ国立公園 ニクシチ ,
住所
電話
滞在時間
費用の目安 EUR34.99 ~
英語名
現地名

公式サイトを開く
ビオグラドスカ・ゴラ国立公園につていの情報

ビオグラドスカ・ゴラ(Biogradska Gora)は、モンテネグロの北東部、ビエラシツァ地方の山岳地帯にある森林と国立公園です。ユネスコの世界生物圏保護ネットワークの一部として保護されており、ビオグラドスカ・ゴラはヨーロッパで最後の3つの大規模な原生林の一つとして知られています。

この国立公園は1,600ヘクタールの面積をカバーしており、500年以上の古木が生い茂っています。無垢な森林だけでなく、6つの氷河湖もあり、特に人気のあるビオグラード湖があります。この湖は緑の山々に照らされ、カヌーが敷き詰められた絵のように美しい木製の桟橋が特徴です。

ビオグラドスカ・ゴラを流れる急流や、透明度の高い湖が緑豊かな草地や古代の森を鮮やかに映し出しています。公園内ではハイキング、フライフィッシング、ウォータースポーツが楽しめます。冬には近隣にいくつかのスキーリゾートがオープンします。特別な体験を求めるなら、ベンドヴァツ・ビューポイントまでスイッチバックをたどってください。

※当サイトは、信頼性の高い情報を提供するために努力していますが、情報の正確性、完全性、信頼性に関して明示的な保証を行うものではありません。また、当サイトの情報は一般的な情報を提供することを目的としており、個々の旅行ニーズや状況に応じた助言や推奨を提供するものではありません。

場所を検索

キーワードから気になる場所を検索できます