【2021年】ポルトガルのゴールデンビザ の要件、取得方法について

ポルトガル不動産投資によるゴールデンビザについて

ポルトガルのゴールデンビザ(Golden Visa)プログラムは、その柔軟性とメリットに投資家を惹きつけ、ヨーロッパで最も人気のあるスキームであることが証明されています。

2012年に開始されたポルトガルの投資家ビザプログラムは、ポルトガル政府によって国際的に積極的に推進されています。ポルトガルの不動産への500,000ユーロ(または350,000ユーロの割引オプション)の投資は、扶養されている子供を含む家族の居住許可を取得します。申請者が2年ごとに国内で2週間滞在する場合、ゴールデンビザは2年ごとに更新できます。

金額35万ユーロ+(諸費用)から
投資タイプ不動産
家族完全な家族居住が可能
居住の必要性柔軟性が高く、居住する必要はありません
市民権5年目以降から取得が可能

永住権と市民権

ポルトガルのゴールデンビザの最も魅力的なオプションの1つは、ポルトガルに居住する必要なしに、5年後に永住権 と市民権を申請できることです。実際、申請者とその家族は、ポルトガルのゴールデンビザを更新するために2年ごとに2週間訪問するだけで済みます。

ポルトガルでは、申請者がポルトガルに居住していなくても市民権を獲得できます。ただし、ゴールデンビザプログラムを通じて居住権を取得した投資家は、国とのつながりを示し、基本的な語学試験に合格する必要があります。ポルトガルの市民権と2つ目のパスポートは、欧州連合のどこにでも住み、働き、勉強する権利を伝えます。ゴールデンビザプログラムを通じて付与されたポルトガルの在留カードにより、所有者はEUシェンゲン圏全体を旅行することができます。

不動産投資

多くのヨーロッパ諸国と同様に、ポルトガルの不動産市場は信用危機に見舞われ、2015年の価格は依然として通常2007年のピークを20%〜30%下回っていました。しかし、それ以来、特にリスボンではゴールデンビザプログラムを背景に価格が大幅に上昇しており、投資家は近年大幅な上昇を見せています。

ゴールデンビザのためにポルトガルの不動産市場に投資する投資家は、今後数年間でキャピタルゲインの素晴らしい見通しを持っています。ポルトガルの海岸にある典型的な別荘、リスボン中心部の都市の不動産、および35万ユーロの制限の対象となる改修プロジェクトには明確な違いがあるため、真面目な購入者にはアドバイスをお勧めします。

ビザに関するニュース

2020年11月27日 子供が市民権を取りやすくなりました。

ポルトガルの新たに改正された国籍法が発表され、出生権のある市民権を取り巻くいくつかの更新情報が含まれていました。新しい法律では、外国人の親から生まれた子供のうち、少なくとも1人がポルトガルに1年以上住んでいる子供は、出生時にポルトガルの市民権を得る資格があると定められています。 

つまり、ゴールデンビザの 居住許可を少なくとも1年間保持し、その後ポルトガルに子供がいる親 は、出生時にその子供に対してポルトガル市民権を取得することができます。同様の法律が以前から存在していましたが、2年間の居住要件がありました。

今後数年間で家族を始めることを計画していて、子供たちにEUパスポートを保持してもらいたいカップルにとって素晴らしいニュースです。EU市民権により、所有者はEU諸国に住み、働き、勉強することができ、所有者にさまざまな機会が開かれます。

ポルトガルのゴールデンビザはいくらからですか?

ポルトガルのゴールデンビザは最低35万ユーロ(約4,500万円)から申請が可能です。

ポルトガルのゴールデンビザで家族も連れて行くことができますか?

はい。ポルトガルのゴールデンビザでは家族もポルトガルへの居住を行うことができます。