【2021年】ギリシャのゴールデンビザ の要件、取得方法について

ギリシャ不動産投資によるゴールデンビザについて

2013年7月に開始されたギリシャのゴールデンビザプログラムは、不動産への投資と引き換えに5年間の居住ビザを付与します。最低滞在要件はなく、21歳までの子供は家族申請に含まれます。ビザは5年間付与され、不動産投資が保持されている場合は5年ごとに更新されます。投資家ビザを保持および更新するためにその国に住む必要はありません。ただし、市民権は7年間の居住後にのみ付与されます。

ポルトガルのゴールデンビザ(Golden Visa)プログラムは、その柔軟性とメリットに投資家を惹きつけ、ヨーロッパで最も人気のあるスキームであることが証明されています。

2012年に開始されたポルトガルの投資家ビザプログラムは、ポルトガル政府によって国際的に積極的に推進されています。ポルトガルの不動産への500,000ユーロ(または350,000ユーロの割引オプション)の投資は、扶養されている子供を含む家族の居住許可を取得します。申請者が2年ごとに国内で2週間滞在する場合、ゴールデンビザは2年ごとに更新できます。

金額25万ユーロ+(諸費用)から
投資タイプ不動産
家族完全な家族居住が可能
居住の必要性柔軟性が高く、居住する必要はありません。
市民権7年目以降から取得が可能

低コストでヨーロッパ居住が可能に

ギリシャの不動産への投資家は、3%~24%の不動産に対する追加税の予算を立てる必要があります。250,000ユーロ+税金と手数料(合計で300,000ユーロ強)ということで、このプログラムはヨーロッパで最も低コストの居住を提供します。

ギリシャの居住プログラムの申請手続きは比較的速く、居住カードが発行されるまで約40日で済みます。

ギリシャのゴールデンビザプログラムのメリット

ギリシャのゴールデンビザの一番のメリットはその投資金額が少なくて済むということが挙げられます。ヨーロッパの国の中では 250,000ユーロの不動産購入で申請可能ということで人気のあるプログラムです。

またギリシャはシェンゲン圏内の国なので、ギリシャの居住が認められると他のヨーロッパ諸国にパスポート不要で行くことができます。さらに父親、母親、未成年の子供、さらには両親と両方の配偶者の両親に依存している24歳までの子供を支援することもできるので家族で海外に移住するのを希望している方にはうってつけのプログラムです。

主なポイント

  • 両方の配偶者の両親もプログラムに含まれる場合があります
  • 早い場合で、すべての手続きが完了するまでに約30日間で完了
  • EUの市民権の取得が可能
  • ギリシャに7年居住した後に、ギリシャの市民権を申請することが可能

必要な書類など

  1. パスポートのコピー
  2. 最近撮影された3枚のカラー写真
  3. 合計金額が250,000ユーロの1つまたは複数の契約書のコピー
  4. 土地登記所が発行した譲渡証明書
  5. 居住許可を取得するための申請:1人あたり2,000€の費用(大人)

家族、配偶者と子供については、婚姻状況の証明書などの原本のアポスティーユ済のものが必要になります。

※手続きなどを行うには現地のエージェントに依頼することをオススメします。またこの記事に記載された情報は記載当時のものになりますので、必ず外務省のサイトなどで最新の情報をご確認ください。

ギリシャのゴールデンビザはいくらからですか?

ポルトガルのゴールデンビザは最低25万ユーロ(約3,200万円)から申請が可能です。これはヨーロッパの中ではとてもリーズナブルな投資金額になります。

ギリシャのゴールデンビザで家族も連れて行くことができますか?

はい。ギリシャのゴールデンビザでは家族もギリシャへの居住を行うことができます。

ギリシャの永住権を取得することができますか?

基本的には7年間ギリシャに滞在した後で、永住権の申請を行う資格を得ることができます。資格を得ることができるだけなので、確実に7年後に永住権を取得できるとは限りません。