ノルウェーでおすすめのスーパーマーケット5選と注意点

ノルウェーでおすすめのスーパーマーケット5選と注意点

ノルウェーは間違いなく地球上でも最も美しい場所の一つです。ここには1000の湖、自然の驚異、魅力的な歴史、美しい人々、そして食べ物があります。

ノルウェーに初めて訪れる場合、最初にすることは、文化や人々、そして何よりも食べ物に慣れ親しむために、場所や都市、レストランなどについて詳しく調べることです。しかし、時には洋服や食料品などの日常の必需品を見逃すことがあります。

そこで、ここではノルウェーのいくつかの最高のスーパーマーケットを紹介し、最も便利な場所で食料品や基本的なニーズを手に入れることができるようにしています。

これらすべてのノルウェーのスーパーマーケットは簡単にアクセスでき、すべての都市に位置しています。これらのノルウェーのスーパーマーケットは、アメリカやイギリスのような他の国で見るような巨大な店舗ではないかもしれませんが、これらのスーパーマーケットには見つからないものはありません。

 

MENY

ノルウェーの主要なスーパーマーケットであるMenyは、人気のあるNorges Gruppenグループの一部として、1992年に初めての店舗をオープンし、新鮮な商品の提供に焦点を当てました。

Menyは、新鮮な魚やベーカリー、スキンケア製品、サプリメント、新鮮な野菜、ボディケアの必需品など、あらゆる用途に対応する店舗です。MENYでは、他ではなかなか見つけることの難しい多様な選択肢があります。

国際的なトップブランドの製品からスパイス、特定の野菜まで、ここで何でも見つけることができます。割引やキャッシュバックなどの利益追求のスキームには乗らず、この店舗は主に健康的で高品質な食品を提供し、人々が日常生活で消費すべきものを提供しています。

Menyはノルウェーで最大かつ最高のスーパーマーケットの一つとしてリストされています。それは、絶対的な高品質のサービス、多様な品揃え、清潔さ、素晴らしいカウンターサービスによるものです。

REMA 1000

REMA 1000

Rema 1000は国際的な食品チェーン店です。このスーパーマーケットは1979年にトロンハイムで最初に開店されました。現在、Rema 1000はノルウェー国内に868店舗を展開し、20,000人以上の従業員を雇っています。Rema 1000はReitan Group、すなわちノルウェーで最も裕福な人々の一人であるReitan Gruppenによって運営されています。

Reitan GroupはドイツのスーパーストアAldiに影響を受け、同様のコンセプトをRema 1000に導入しました。最初は限られた商品を提供し、高い割引を行っていましたが、ノルウェー市場の需要に応じて消費者向けの商品ラインを増やす方針に切り替えました。

このスーパーストアチェーンは青を基調としたデザインで、同じ業界の他の競合店とは一線を画しています。Rema Blueは食料品、野菜、小型電子機器など多くの良い選択肢を提供しています。

もし定期的な顧客であれば、彼らのモバイルアプリについて知っているかもしれません。このアプリを使用すると、すべての買い物に対して直接10%の割引が適用されます。

 

COOP / COOP EXTRA

COOP / COOP EXTRA

このスーパーマーケットチェーンは、1906年にノルウェー協同組合協会として設立され、現在では世界最大のスーパーマーケットチェーンの一つです。このスーパーストアは、ノルウェー全土に33か所に広がる食品とハードウェアのスーパーストアです。

Coopでは、パン屋、乳製品、その他の植物や動物をベースにした製品など、合計17,000種類の商品を探し回ることができます。これに加えて、身体に必要なアイテムや、家を守るために必要なロックや鍵、はしごなどのハードウェア商品も取り揃えています。これは、あらゆる基本的なニーズに対応できるノルウェーで最も頼りになるスーパーマーケットです。

KIWI

norway KIWI

Menyと同様に、Kiwiもノルウェーの主要なスーパーマーケットチェーンで、NorgesGruppenグループによって運営されています。Kiwiはノルウェーと周辺の地域に500か所以上にわたって展開されています。この店舗は、もちろんKiwiの代表的なカラースキームである緑を使用しています。

店内は素晴らしく、すべてが緑色になっています。ノルウェーに滞在する際には、どこに行ってもKiwiの店舗やアウトレットが見られます。

Kiwiは、価格の面でも品質の面でも優れた商品を提供し、他の店では見つけるのが難しいトップクラスの国際製品や食品にアクセスできるため、ノルウェーの人々に愛されているブランドです。店舗は週中いつでも営業しており、日曜日には特別オファーも行っています。

BUNPPRIS

I. K. Lykke ASが所有するスーパーマーケットチェーンで、オスロとノルウェー北部の他の地域に250か所の店舗があります。これは食料品店だけでなく、コンビニエンスストアとも呼べるでしょう。最初の店舗は1981年にトロンハイムでオープンしました。それ以来、彼らは強力な競争相手と並んでビジネスをリードしています。

店内を歩いてみると、複数のアイテムが見つかります。この店舗は黄色と黒のテーマを持っており、週末には驚きの割引が提供されます。Bunprisで最良のお得な情報を手に入れましょう。

ノルウェーのコンビニについて

大型スーパーマーケット以外にも、ノルウェーのコンビニエンスストアは大きなビジネスです。夜通し営業している店舗もあり、そうでない店舗でも遅くまで営業しています。重要なのは、これらの店舗が多くは日曜日も営業しており、多くのスーパーマーケットと異なります。

オスロでは、Deli de Luca、7-Eleven、Narvesen、Mixなど、いつでも1キロメートルから2キロメートル以内にあります。その極端な例は、ホルベルグス・プラスに明らかに現れており、道路の反対側に2つの7-Eleven店舗が向かい合っています。

norway 7-Eleven

コンビニエンスストアの価格は、予想どおりかなり高めです。商品の選択肢も比較的限られていますが、パンや牛乳などは通常購入できます。

ただし、賞味期限を確認することを忘れずに!ほとんどの店舗では温かい食べ物やパン、多くの通常のスーパーマーケットにはないペストリーを提供しており、コーヒーも楽しめます。

 

日曜日の営業について

一般的なルールとして、スーパーマーケットは日曜日には開いていません

ノルウェーの法律により、ある一定のサイズ以下の小売店のみが日曜日に営業できることになっています。この法律の変更についての話題はあるものの、現在のところ変更はありません。

日曜日に営業するために、一部の店舗は日曜日だけに開く特別な小さなセクションを持っています。これはBunnprisチェーンでよく見られます。

また、Jokerという小規模なスーパーマーケットのチェーンもあり、その多くは日曜日に営業しています。ただし、こちらは通常よりも高価で、必需品だけを買うことをおすすめします。

日曜日に営業するスーパーマーケットは、通常10時から16時または11時から17時の間に制限されて営業しています。