天才アーテイスト"エゴン・シーレ"の名言集

天才アーテイスト"エゴン・シーレ"の名言集

エゴン・シーレは、彼独自のグラフィックスタイル、変形した図像の採用、そして美の従来の基準に対する大胆な挑戦により、オーストリア表現主義の主要な人物の一人でした。彼の肖像画や自画像は、被写体の心理や性的な探求を灼熱に描き出し、20世紀でも最も注目すべき作品の一部です。この芸術家は、短いキャリアの間に驚異的な創作活動を行いましたが、彼の名声は心理的かつ官能的な作品だけでなく、彼の興味深い伝記にも由来しています。

彼の不品行な生活はスキャンダルと悪名に彩られ、妻の妊娠中にインフルエンザで28歳で亡くなった彼の死は悲劇的でした。彼は商業的成功をほとんど手にすることなく、その死の3日前に迎えるべき時期に発生しました。

以下はそんな天才画家のエゴン・シーレの名言をまとめたものです

To restrict the artist is a crime. It is to murder germinating life.
アーティストを制限することは犯罪です。芽生えた命を殺すことです。

エゴン・シーレ

I am so rich that I must give myself away.
私はとても金持ちなので、自分を手放さなければなりません。

エゴン・シーレ

I believe in the immortality of all creatures.
私はすべての生き物の不滅を信じています。

エゴン・シーレ

I do not deny that I have made drawings and watercolors of an erotic nature. But they are always works of art. Are there no artists who have done erotic pictures?
私はエロティックな性質の絵や水彩画を描いたことを否定しません。しかし、それらは常に芸術作品です。エロい絵を描いた絵師はいないの?

エゴン・シーレ

At present, I am mainly observing the physical motion of mountains, water, trees and flowers. One is everywhere reminded of similar movements in the human body, of similar impulses of joy and suffering in plants.
現在、主に山、水、木、花の物理的な動きを観察しています。人はいたるところで、人体の同様の動き、植物の同様の喜びと苦しみの衝動を思い出します。

エゴン・シーレ

All beautiful and noble qualities have been united in me... I shall be the fruit which will leave eternal vitality behind even after its decay. How great must be your joy, therefore, to have given birth to me.
すべての美しく高貴な資質が私に統合されました… 私は腐った後も永遠の活力を残す果実になります.ですから、私を産んでくださったあなたの喜びは、どれほど大きいに違いありません。

エゴン・シーレ

Art cannot be modern. Art is primordially eternal.
アートは現代的ではありえません。芸術は根本的に永遠です。

エゴン・シーレ

Everything is dead while it lives.
生きている間はすべて死んでいます。

エゴン・シーレ

I don't know whether there is anyone else at all who remembers my noble father with such sadness.
尊い父のことをこんなに悲しく覚えている人が他にいるかどうかはわかりません。

エゴン・シーレ

My mother is a very strange woman... She doesn't understand me in the least and doesn't love me much either. If she had either love or understanding she would be prepared to make sacrifices.
私の母はとても変わった女性です…彼女は私を少しも理解していませんし、私をあまり愛していません.彼女が愛か理解のどちらかを持っていれば、彼女は犠牲を払う準備ができていたでしょう.

エゴン・シーレ

And yet, for my art and for my loved ones, I will gladly endure to the end.
それでも、私の芸術と愛する人々のために、喜んで最後まで耐え忍びます。

エゴン・シーレ

He who denies sex is a filthy person who smears in the lowest way his own parents who have begotten him
性を否定する者は、自分を生んでくれた両親に対して最も卑劣なやり方で汚し、卑しい人間である。

エゴン・シーレ

Reprimir a un artista es delito, significa asesinar vida en gestación
芸術家を抑圧することは犯罪であり、それは未来の命を奪うことと同じです。

エゴン・シーレ

Marriage isn't a vow to stop being interested in other people; it’s a commitment as to how to handle that interest.
結婚は他の人に興味を持つことを止めることを誓うことではなく、その興味をどのように扱うかの約束です。

エゴン・シーレ

In Vienna there are shadows. The city is black and everything is done by rote. I want to be alone. I want to go to the Bohemian Forest. May, June, July, August, September, October. I must see new things and investigate them. I want to taste dark water and see crackling trees and wild winds. I want to gaze with astonishment at moldy garden fences, I want to experience them all, to hear young birch plantations and trembling leaves, to see light and sun, enjoy wet, green-blue valleys in the evening, sense goldfish glinting, see white clouds building up in the sky, to speak to flowers. I want to look intently at grasses and pink people, old venerable churches, to know what little cathedrals say, to run without stopping along curving meadowy slopes across vast plains, kiss the earth and smell soft warm marshland flowers. And then I shall shape things so beautifully: fields of colour….
ウィーンには影があります。その都市は暗く、すべてが機械的に行われています。私はひとりになりたいのです。ボヘミアの森に行きたいのです。5月、6月、7月、8月、9月、10月。新しいものを見て探求しなければなりません。暗い水を味わい、パチパチと音を立てる木々と荒れた風を見たいのです。カビの生えた庭の塀に驚きながら見つめ、それらを体験したいのです。若い白樺の植林と震える葉を聞き、光と太陽を見、夕方の湿った緑青色の谷間を楽しみ、キンギョがきらめき、空に白い雲が立ち上がるのを見たいのです。花に話しかけたいのです。草やピンク色の人々、古い尊い教会をじっと見つめ、小さな大聖堂が何を語っているのかを知り、曲がりくねった牧草地の斜面を途切れることなく駆け抜け、大平原を横切り、大地に口づけ、柔らかく暖かい湿地の花の香りを嗅ぎたいのです。そして、美しいものを美しく形作ります:色彩の世界を…

エゴン・シーレ

エゴン・シーレ(Egon Schiele)とは?

エゴン・シーレ(Egon Schiele)は、オーストリアの画家であり、20世紀初頭の芸術家の一人です。彼は、表現主義の一派に属しており、特に人物画や風景画で知られています。

エゴン・シーレは、1890年にオーストリアのトゥリッヒで生まれました。彼は、ウィーンの美術学校で学び、その後、芸術家としてのキャリアをスタートさせました。彼は、人物画を中心に描き、鮮やかな色使いや独特な筆遣いで知られています。

エゴン・シーレは、非常に短いキャリアしか持っていませんでしたが、彼の作品は非常に影響力があり、今でも多くの芸術愛好家から高く評価されています。彼は、革新的な芸術スタイルで知られており、特に人物の表現においては、非常に強い感情表現や個性的な描写が特徴的でした。

エゴン・シーレは、28歳の若さで亡くなりましたが、その作品は現代美術の重要な一部として、世界中の美術館やコレクションで展示されています。